HS-10

ヘッドスペースサンプラ

アプリケーション

1.医薬品残留溶媒USP467の分析

医薬品に含まれる残留溶媒の分析には,ヘッドスペースGC法を用いることがUSP467で規定されています。USP467では,健康に及ぼし得るリスクに基づいて,残留溶媒をClass1から3に分類し,ProcedureAのClass1では1,1,1-TrichloroethaneのS/N≧5かつ全てのピークのS/N≧3,Class2AではAcetonitrileとMethylene chlorideの分離度≧1.0が求められます。HS-10は,これらの要求を満たす分析が可能です。

1: 1,1-Dichloroethene
2: 1,1,1-Trichloroethane
3: Carbon tetrachloride
4: Benzene
5: 1,2-Dichloroethane
6: Acetonitrile
7: Methylene chloride
ジーエルサイエンス社 InertCap 467使用
0.32mmI.D.×30m df=1.80um

2.水中VOCの分析

水中VOC各10μg/L(10ppb)のHS-10とECDを用いた分析例です。HS-10の高い温度安定性により水中のVOCを高い再現性で測定することができます。

水中のVOC10ppbの分析

水中のVOC10ppbの分析

VOC 10ppbの再現性 RSD%(n=5)

 
1: 1,1-Dichloroethene 2.1
2: Dichloromethane 2.0
3: trans-1,2-Dichloroethene 2.6
4: cis-1,2-Dichloroethene 2.3
5: Chloroform 2.1
6: 1,1,1-Trichloroethane 2.6
7: Carbon tetrachloride 3.3
8: 1,2-Dichloroethane 1.9
9: Trichloroethene 2.7
10: 1,2-Dichloropropane 1.9
11: Bromodichloromethane 2.4
12: cis-1,3-Dichloropropane 1.6
13: trans-1,3-Dichloropropane 1.7
14: 1,1,2-Trichloroethane 2.2
15: Tetrachloroethene 3.4
16: Dibromochloromethane 2.1
17: Bromoform 1.6
18: 1,4-Dichlorobenzene 2.8

3.血中アルコールの分析

血中アルコール類の分析が法医学や救急医療の分野で頻繁に行われており,飲酒による酩酊度の判定,犯罪性の評価,飲酒と他の症例との区別等に用いられています。
この測定は簡便で迅速,かつ高精度が要求され,HS-10はこれらの要求に答えることができます。

 EtOHとISのクロマトグラム

EtOHとISのクロマトグラム

EtOHの標準溶液の直線性

EtOHの標準溶液の直線性

Top of This Page