比較結果(5台あたり)

※シミュレーション結果はあくまで目安です。

  • 1ヶ月の分析日数
  • 1日の分析時間
    時間
  • 分析時の全流量
    mL/min
現在ご使用の装置
GC-8AシングルパックドFID
CO2排出量
4,028kg/年
電力消費量
7,181kWh/年
165,158円/年
ガス消費量
3.7本/年
148,148円/年
>> >>
新モデル装置
GC-2030シングルパックドFID
CO2排出量
3,437kg/年
電力消費量
6,126kWh/年
140,892円/年
ガス消費量
1.98本/年
79,012円/年

現在ご使用の装置に比べて、年間591kgのCO2を削減93,000円 のランニングコストを削減

比較条件の説明

シミュレーション比較にあたっては、下記の条件を想定しています。

想定条件

  • ・休日は装置停止
  • ・分析時間は1分析あたり30分
    例:「1日の分析時間」に「8時間」を入力した場合,1日16回分析を実施
  • ・GC-2030/GC-2025/GC-2014/GC-17Aは自動起動停止機能を使用
    自動起動後,1時間の安定待ち時間を設ける(1日の装置稼働時間=分析時間+安定待ち時間(1時間))
  • ・GC-2030/GC-2025/GC-2014/GC-17Aはキャリアガスセーブ機能を使用
    キャリアガスセーブ機能の条件は以下
    キャリアガスセーブ時の流量:10ml/min
    キャリアガスセーブ実施時間:分析スタート後2min経過後~分析終了まで
    GC-2025/GC-2014/GC-17:安定待ち時間(1時間)の間キャリアガスセーブ機能OFF
    GC-2030:安定待ち時間(1時間)の間キャリアガスセーブ機能ON

ご使用の装置と新装置の差

  • ・消費電力の差:
    自動起動停止機能の有無
    分析時の消費電力の低減(GC-2025のみ)
  • ・ガス消費量の差:
    自動起動停止機能の有無
    キャリアガスセーブ機能の有無
    安定待ち時間中のキャリアガスセーブ機能の有無

注意事項※比較条件の説明を見る