蒸留ガスクロマトグラフシステム

高温蒸留GC分析対応

島津蒸留GCシステムは,高沸点試料(炭素数120まで)の蒸留GC分析に対応しています。ASTM規格に準拠した高沸点試料の分析例をご紹介します。

原油分析への対応

ASTM D7169

ASTM D7169は,FBPが720℃を超える原油試料などに対応した規格です。分析カラムには短くて膜厚の薄いキャピラリカラムを用い,Reference Oil 5010を分析し,外部標準法を用いて解析します。
・CS2クエンチングファクターの使用
・リファレンスオイル蒸留性状基準値との比較チェック

ASTM D7169 原油の分析例

未知試料クロマトグラム表示画面では,リファレンスオイルやバックグラウンド補正のクロマトグラム,自動ピーク認識開始点/終了点,IBP,FBPなどの情報をあわせて表示できます。

ASTM D5307

ASTM D5307は,FBPが538℃を超える原油に対応した規格です。分析カラムにはパックドカラムを用い,内部標準物質(n-C14~ n-C17)を添加した試料も分析し,内部標準法を用いて解析します。
・538℃以上の留分(質量%)表示

ASTM D5307 原油,内部標準物質添加原油の分析例

ASTM D7500

ASTM D7500は,IBPが100℃より大きく,FBPが735℃より小さい範囲に収まる試料に対応した規格です。分析カラムには短くて膜厚の薄いキャピラリカラムを用い,全面積法を用いて解析します。保持時間-沸点変換線作成用にPolywax655,Polywax1000も用いられます。

標準試料 Polywax1000の分析例

専用注入ユニットで高沸点試料にも対応

キャピラリガスクロマトグラフNexis GC-2030のオンカラム注入ユニット(OCI-2030)を用いれば,キャリーオーバの少ない分析,再現性の高い分析結果が得られます。

Top of This Page