シリンジ

ガスクロマトグラフ用

シリンジの選択

シリンジタイプとして,「オートインジェクタ/オートサンプラ用」と「マニュアル注入用」があります。

シリンジの種類

固定針

固定針

針がガラスバレルに接着され,固定されています。サンプル間のキャリーオーバーが少ないです。

交換針

交換針

針の交換が可能です。塩の析出や針が曲がり易い条件(厚いセプタムを貫通させる等)の場合には経済的です。用途により,外径・長さ・形状の異なる針に変更可能です。

ガスタイト

ガスタイト

針の取り外しが容易で,専用のルアーロック針/フィッティング用です。(異なる針での吸入と吐出も可能)

針先タイプ

コーン:オートインジェクタ/オートサンプラ

コーン:オートインジェクタ/オートサンプラ

連続注入時,セプタムへのダメージ,針先の詰まりを低減する設計です。

ベベル:マニュアル注入

ベベル:マニュアル注入

斜めカットタイプです。セプタムへの貫通性が高く,セプタムへのダメージは最小限です。

横穴ドーム

横穴ドーム

横穴から試料を吸入/ 吐出するタイプです。気体試料で針先外径が大きいガスタイトシリンジ使用の際,セプタム貫通時の針先詰まりを防ぎます。

プランジャタイプ

PTFEチッププランジャ

PTFEチッププランジャ

プランジャ先端がPTFE チップで高気密タイプです。気体試料のサンプリングが可能です。SUSプランジャで吸入が困難な高粘性液体試料分析用として,微小粒子によるプランジャ固着の低減に有効な場合があります(ただしPTFEとの接触に影響のないサンプルに限ります)。プランジャ交換も可能です。

分析の基礎・FAQ

 

Top of This Page

お問い合わせ