検出器切替システム

アドバンストフローテクノロジーシリーズ

農薬の分析例

 GCでの残留農薬分析には通常高感度な選択性検出器が用いられます。 選択性検出器は農作物由来の夾雑成分に対し効果が高い反面,全ての農薬成分を検出するためには複数の検出器による分析が必要になります。 検出器切替システムを用いれば,選択性の異なる複数の検出器を組み合わせて切替分析を行うことができます。 それぞれの検出器単独で分析した場合と検出器に導入される量は同じですので,感度が低下することなく1回の分析で複数検出器の情報を精度よく得ることができます。
 ここでは,FPD(炎光光度検出器)とECD(エレクトロンキャプチャ検出器)の切替による,農薬試料の同時分析例をご紹介します。

検出器切替による分析(FPD-ECD)

検出器切替による分析

FPDで,有機リン系の農薬を選択的に検出し,ECDで塩素系の農薬を高感度に検出することができました。
多くの成分が対象となる残留農薬分析でも,一度の分析で効率的に精度よく測定できることがわかります。
 

検出器切替システム トップへ

Top of This Page