ハートカットシステム

アドバンストフローテクノロジーシリーズ

バイオエタノールの分析例

 バイオエタノール混合ガソリン(バイオガソリン)は,「揮発油等の品質の確保等に関する法律(品確法)」により,アルコール混合許容値が設定されています。 メタノールは,機械部品を腐食・劣化させ,燃料漏れなどのトラブルを招く可能性がある為です。 バイオエタノールの品質規格としては,ASTM D4806があり,その中で,エタノールとメタノールの濃度については,GCで定量することが定められています。(ASTM D5501) しかし,ASTM D5501では100mや150mの長いカラムを使用するため,分析時間が長くなってしまいます。
 ここでは,ハートカットシステムによるバイオエタノールの高速分析例をご紹介します。

ASTM D5501による分析

Method1
カラム&カラム温度 :
Rtx-1 (150 m 0.25 mmI.D. 1.0 μm)
60℃ (15 min) - 30 ℃/min - 250 ℃(23 min)
注入口 : 300 ℃
注入量 : 0.5 μL
スプリット比 : 1:200
キャリアガス : He 24 cm/sec
FID : 300 ℃

ASTM D5501による分析

150 m カラムでは,40分以上かかっています。

Method2
カラム&カラム温度 :
Rtx-1 (100 m 0.25 mmI.D. 0.5 μm)
15℃ (12 min) - 30 ℃/min - 250 ℃(19 min)
注入口 : 300 ℃
注入量 : 0.5 μL
スプリット比 : 1:200
キャリアガス : He 24 cm/sec
FID : 300 ℃

ハートカットによる分析

 

EtOHとMeOHの良好な分離

注入口温度:300 ℃
圧力:215.0 kPa
キャリアガス:He (constant pressure)
注入モード:Split
スプリット比:1:200
カラム温度:35 ℃(2.5 min) - 20 ℃/min - 230 ℃
注入量:0.5 μL
1stカラム:Rtx-1 (30 m 0.25 mm I.D. 0.25 μm)
2ndカラム:Rtx-Wax (30 m 0.32 mm I.D. 0.5 μm)
1st 検出器:FID
1st検出器温度:300 ℃
2nd検出器:FID
2nd検出器温度:300 ℃
APC圧力:120 kPa
スイッチング時間:1.42~1.96 min

 ハートカットを使用することにより,1stカラム(Rtx-1)でエタノール(EtOH)とメタノール(MeOH)を他の炭化水素から荒く分離した後に,2ndカラム(Rtx-Wax)にて精密に分離できました。
 2ndカラムでの分析時間は,ASTM D5501と比較して大幅に短くなっています。 また,定量性もASTM D5501とほぼ同程度です。
 ハートカットシステムにより,バイオエタノールのアルコール濃度を迅速,正確に定量できることがわかります。

Top of This Page