ハートカットシステム

アドバンストフローテクノロジーシリーズ

アドバンストフローテクノロジー
ハートカットシステム

 多くの化合物を含んだ試料の場合,特定の化合物を完全に分離,定量することは困難です。ハートカットシステムは,分離特性の異なる2種類のカラムを使用し,このような複雑なマトリクスから特定の化合物を分離,定量することができます。
 ハートカットシステムは,最高の分離能力を有するMDGC/GCMS-2010シリーズのスイッチングデバイスを利用したシングルオーブンモデルです。 MDGC/GCMS-2010シリーズほどの高分離が必要なく,低コストでスイッチングデバイスを使用したい場合にお奨めいたします。

主な用途

  • 多くのマトリックスを含む試料中の特定成分の分析
    石油製品(ガソリン,軽油,灯油など) → バイオエタノールの高速分析例
    香気分析(食品,飲料など)
    光学的異性体
  • 主成分に隠れた微小ピークの分離分析
    ファインケミカル製品
    原料中の不純物の分析
  • 環境試料中の有害成分の分析

複雑な分析条件も専用ソフトウェアで簡単設定

 専用のソフトウェアにより,目的成分を分離するための条件や,スイッチングのタイミングを簡単に設定できます。 GCsolution,GCMSsolutionと連動して動作しますので,GC/GCMS設定も効率的に行えます。

ハートカットシステム専用ソフトウェア GCsolution,GCMSsolutionとの連携もスムーズ

本ソフトウェアは,下記よりダウンロード(無償)していただけます。
アドバンストフローテクノロジーソフトウェアダウンロードページ

  • ハートカットシステムはシングルオーブンの為,マルチディメンジョナルシステムのように各オーブンで独立した温度プログラムを組むことはできません。
  • MDGC/GCMS-2010シリーズと異なり,2ndカラム温度は常に1stカラム温度と同じです。従って,2ndカラムの最適な温度設定ができないために,分離能はMDGC/GCMS-2010シリーズより劣る事があります。

Top of This Page