検出器分岐システム

アドバンストフローテクノロジーシリーズ

アドバンストフローテクノロジー
検出器分岐システム

 検出器分岐システムは,分析カラムの下流で分岐し,複数の検出器に分離成分を送ることにより,一度に複数のクロマトグラムを得られるシステムです。1回の分析で多くの情報を得られるので,コストや時間を節約できる上に,選択性検出器の使用により,同定精度の向上も図れます。
 同一試料を複数のGC,GCMSにて分析されている方にお勧めします。

分析例

香水の分析例(FID+MS)
グレープフルーツオイルの分析例(FID+FTD+FPD)

分岐素子

吸着の少ない不活性化素子を採用
 検出器分岐専用素子には,低デッドボリュームでサンプル通過部に内面を不活性化処理した部品を採用しています。高精度のデジタルフローコントローラとの組み合わせにより再現性の高い検出器分岐を実現しました。

複雑な分析条件を簡単に設定できる専用ソフトウェア
 分析条件を簡単に設定できる専用のソフトウェアをご用意しました。抵抗管や検出器などの接続に関する面倒な初期設定は不要です。 分析条件決定後,GCsolution,GCMSsolutionのメソッドファイルとして関連する分析パラメータを保存できます。

検出器分岐システム専用ソフトウェア
GCsolution,GCMSsolutionとの連携もスムーズ

本ソフトウェアは,下記よりダウンロード(無償)していただけます。
アドバンストフローテクノロジーソフトウェアダウンロードページ

*分岐することにより,検出器への試料量が減りますので,各検出器の感度は低下します。

Top of This Page