OCI/PTV-2010

GC-2010/GC-2010 Plus用 オンカラム/プログラム昇温インジェクションユニット

 OCI/PTV-2010は,農薬など熱的に分解しやすい試料の分析に最適なインジェクションユニットです。

OCI:コールドオンカラム法
PTV:プログラム昇温気化法

特長

熱に不安定な化合物の分析に最適です
試料注入ユニットが低温時に試料注入を行い,その後昇温して試料を気化させるため,熱的に不安定な化合物の分解や異性化を避けることができます。また,高沸点化合物のカラムへ移行するときの損失が少なく,直鎖炭化水素で炭素数100程度の成分を含んだ試料の分析にも適用できます。

取り扱いが簡便化されました
OCIアダプタの形状変更により,オンカラム分析時のカラムとシリンジ針先のセンター合わせが簡単で確実になっています。

簡易OCI法が可能です
オプションのガラスインサートを使用することで内径の細いキャピラリカラムにφ0.53のプレカラム無しでダイレクトに注入が可能です。

PTVとして使用できます
OCI用のアダプタを付属の石英インサートに交換すると,スプリット機能を持つプログラム昇温インジェクションユニットとして使用できます。(OCI/PTVの変更にはスプリット配管のつなぎ変えが必要です)

Top of This Page