FTIR TALK LETTER vol.28

2017年春発行 (3月31日時点の希望会員様向けに4月28日発送)

主な内容

  • 光誘起正孔の捕捉に直接関与するTiO2光触媒表面吸着水の赤外振動分光
     京都大学大学院理学研究科化学専攻 助教/国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ兼任研究員 杉本 敏樹
    TiO2ナノ粒子(ST-01)の表面吸着水に対して赤外振動分光を行うことで,特性に関する物理化学的解釈を与えうる,有用な分光情報が抽出できた事例をご紹介します。
  • 新しい赤外顕微鏡 ―専用ソフトウェアAIMsolution―
     弊社 技術者 福田 久人
    多くの機能が追加・改良された赤外顕微鏡AIM-9000用ソフトウェアであるAIMsolutionの,代表的な機能をいくつかご紹介します。
  • 新しい赤外顕微鏡 ―イメージング分析の活用―
     弊社 技術者 藤 里砂
    赤外顕微鏡AIM-9000の制御ソフトウェアAIMsolutionにオプションとして用意されたマッピングプログラムの機能と分析事例をご紹介します。
  • 新製品情報
    EDX-FTIR統合解析ソフトウェア EDXIR-Analysis

 

関連情報

Top of This Page