IRTracer-100

フーリエ変換赤外分光光度計

卓越した高感度と信頼性

高感度・高分解・高速を追求

クラス最高レベルのSN比,最高分解0.25cm-1, 20回/秒の高速度測定を可能にしました。

高いSN比が実現する高感度測定

IRTracer-100と1回反射ATR付属装置を用いてパラフィンオイルに含まれている極微量シリコーンオイルを測定しました。
わずか吸光度0.00015という非常に微弱なシリコーン由来のピーク(1260cm-1)も,高いSN比で測定できます。

備考:
・パラフィンオイルのスペクトルを引いた差スペクトル
・DLATGS検出器を用いて,分解能4cm-1で測定

 

 

分解0.25cm-1が実現する高分解測定

気体の各ピークを詳細に測定するには0.25cm-1が適しています。低分子のアンモニアガスのスペクトルを0.25cm-1という高分解で測定すると,785~790cm-1のピークが明確に分離しています。分解0.25cm-1は,高精度の定量や定性が可能です。

ラピッドスキャン: 20回/秒が実現する高速測定※2

数秒で終了する試料の高速な反応も,20回/秒で測定ができるため,スペクトルの詳細な変化を簡単に追跡・分析することができます。
高速測定にもかかわらず,高い感度で分析ができます。

紫外線硬化樹脂の硬化反応の追跡

 
試 料:紫外線硬化接着剤
分 解:16cm-1
積 算:1回
  測定間隔:50msec
モニター波数:1400cm-1付近のピーク
検出器:MCT
 

※2 ラピッドスキャンソフトはオプションです。

高性能を支える信頼性

除湿器,アドバンスドダイナミックアライメントによって,干渉計のメンテナンスが簡単です。

IRTracer-100では,スムーズで安定した移動鏡駆動システムに,アドバンストダイナミックアライメント機構を組み合わせてFTIRの心臓部である干渉計の最適化と安定化を実現し,除湿器付き密閉乾燥干渉計によってビームスプリッタを保護しています。さらに,システムの信頼性を高めるために初期化時の自己診断はもちろん,操作中も装置の状態をモニタリングし,最適な干渉状態での測定を提供します。また,標準装備のバリデーションプログラムにより装置の基本性能を点検することができます。

アドバンストダイナミックアライメント機構を搭載

FTIRの干渉状態は非常に繊細。角度数秒の狂いも許されません。干渉状態を最適な状態で一定に保つためには,測定中でも安定した干渉計が必要です。IRTracer-100では,滑らかで高精度に動作する移動鏡に従来装置よりも進歩したアドバンストダイナミックアライメント機構を搭載。わずかなウォーミングアップ時間で,干渉計の状態を最適かつ安定化させることに成功しました。アドバンストダイナミックアライメントでは,1秒間に5,000回以上のフィードバックを行い,安定した状態で測定を可能に。ビームスプリッタを交換した場合でも,自動的に干渉状態を最適な状態に調整します。

アドバンストダイナミックアライメントによる4つの効果
環境の変化に影響されずに測定が可能  使っていない時は電源オフが可能※3  ウォーミングアップが不要  メンテナンスが不要

※3 ただし除湿器は作動しています。

除湿器内蔵によるイージーメンテナンス

FTIRの干渉計には湿度に弱い光学素子(ビームスプリッタ)が採用されています。干渉計を安定した状態で維持するためには,光学素子の保護も重要です。IRTracer-100は,干渉計の気密化や除湿器の内蔵などの工夫を施して光学素子を保護しています。

Top of This Page