ハードウェアオプション

QATR-S

試料室一体型の1回反射型ATR測定装置です。プリズムはダイヤモンドのみでできていますので、400cm-1までのスペクトルを測定できます(広帯域仕様)。液体はプリズムに滴下するだけで、その他の試料はプリズム表面に載せ、クランプで密着させて試料表面のスペクトルを測定します。大きな(面積の広い)試料を切断せずに測定ができます。入射角は45°です。オプションとして、ダイヤモンド(ハイスループット仕様)、Ge、ZnSeのプリズムがあります。屈折率の高い試料にはGeプリズムが適しています。
付属品認識機能付きです。

DRS-8000A

粉体試料はKBr錠剤法と同様にKBrと混ぜますが、錠剤を作る必要はなく、粉体のまま測定します。プラスチック成型品はSiCサンプラについている紙やすりで表面を削り取り、粉末状に付着した試料を測定します。拡散反射スペクトルはクベルカ・ムンク変換により透過スペクトルに類似したスペクトルになります。
付属品認識機能付きです。

MHP-1

手軽にø4mmの錠剤を作るための手動式プレスと成型器のセットです。アルミニウム枠にできた錠剤を測定用ホルダに入れて測定します。錠剤成形器、真空ポンプは不要です。

 

EDXIR-Holder

試料を付着させる粘着層フィルムと蛍光X線用のポリプロピレンフィルムを配した開閉式のホルダーです。
試料をホルダーに保持したままEDXとFTIRで測定できます。
EDX測定時にはホルダーを閉じてポリプロピレンフィルムを照射側(下側)に向けてセット、FTIR測定時にはホルダーを開いて粘着層フィルムに貼り付いている試料をATRプリズムに直接押し当ててセットします。
測定後は容器を閉じることでそのまま試料を保管することができます。

Top of This Page