IRsolution オプションソフトウェア

FTIR制御ソフトウェア IRsolution には,以下のオプションソフトウェアが用意されています。これらのオプションソフトウェアを加えることで,IRsolutionの利用分野が更に拡がります。
 

  1. PLS定量プログラム
  2. マッピングプログラム
  3. 波形分離プログラム(カーブフィッティングプログラム)
  4. マクロプラットホーム

1. PLS定量プログラム

PLS定量プログラム画面

PLS定量プログラム画面

PLS法で求めた回帰式に対する解析が行えます。
PLS定量プログラムには,PLS1,PLS2法が用意されており,入力値対計算値,PRESS値対PLS因子,ローディングベクトル,スコア-値などの表示が可能です。
 

* PLS(Partial Least Squares)定量法は,ケモメトリックスの1つの手法で,重回帰分析法と同様に多成分同時定量法として広く使われています。
* 本オプションソフトウェアは,IRsolution V.1.04以降に対応しています。

2. マッピングプログラムAIM-MAP

エリアマッピングの測定例
(基板上のフラックスのエリアマッピング)

島津赤外顕微鏡 AIM-8800の顕微鏡画像をキャプチャして合成することにより,広い領域の可視画像を作成します。
合成された可視画像上でマッピングする範囲,測定間隔,バックグラウンド位置などのマッピングパラメータを設定することが可能です。 ランダム(測定したい位置を複数点記憶しておくとそれらを自動で測定する機能),ライン,エリアマッピングができます。また,一般的な透過・反射モードでのマッピングのほかに顕微ATRマッピング測定も可能です(ATR対物鏡はオプションです)。
得られたマッピングデータからスペクトルの抽出,特定のピークによる官能基マップの計算などができます。また,データは3次元(鳥瞰図),等高線,スペクトルの重ね描きで表示することができます。
 

* 本オプションソフトウェアは,IRsolution V.1.10以降に対応しています。

3. 波形分離プログラム

PLS定量プログラム画面

ABS樹脂の3150~2750cm-1の間の波形分離
(上はピーク波数や計算範囲などの設定画面,下は波形処理後の画面)

通常,赤外スペクトルの吸収帯は幾つかのピークが重なり合って構成されていますが,波形分離プログラムを用いることにより,吸収帯を個別のピークに分離することが可能です。
水素結合を受けたピークの分離や吸収帯に隠れている官能基のピークの確認などができます。

分離に用いる波形として,Gaussian,Lorentzian,Gaussian+Lorentzianなど6種類が用意されており,吸収帯のピーク形状に応じて適切な波形の選択が可能です。分離された個別のピークと同時にそれらを合成したスペクトルが表示されますので,波形分離の精度が確認できます。
 

* 本オプションソフトウェアは,IRsolution V.1.04以降に対応しています。

4. マクロプラットホーム

日本薬局方対応ソフトウェアや島津製作所がご提供するマクロプログラムを実行するためのプラットホームです。
測定パラメータの設定・測定・データ処理・保存・印刷までの操作手順をマクロプログラムとして登録することができます。
ルーチンワークのように一定の作業を自動化することができ,便利です。さらに,オートサンプルチェンジャー(オプション)などと組み合わせることにより,自動測定システムを作り上げることができます。
 

* マクロプログラムのプログラミングは,弊社で行わせていただきます。
* 本オプションソフトウェアは,IRsolution V.1.10以降に対応しています。

Top of This Page