IRAffinity-1S

IRAffinity-1S

フーリエ変換赤外分光光度計

IRAffinity-1S

IRAffinity-1Sは,高いSN比と分解能をもち,光学素子のメンテナンスの省力化や装置サイズのコンパクト化も実現しています。また,FTIRの主要な利用分野である異物解析を強力にサポートする異物解析プログラムと受入検査や出荷前検査などに有効な日本薬局方プログラムを標準装備しました。


→ インハウスデモンストレーションのご案内
(1回反射ATR法と異物解析プログラムによる簡単分析を体験)

高いSN比

高輝度セラミックス光源,温度調節機能付き高感度DLATGS検出器,ハイスループット光学素子の採用と,電気系,光学系の最適化で高いSN比を実現しました。ダイナミックアライメント機構の採用により,精度・安定性も向上しています。

光学素子のイージーメンテナンス化

干渉計を安定した状態で使用する為には,光学素子(ビームスプリッタ)の保護も重要です。光学素子は湿度に弱く,除湿する必要がありますが,IRAffinity-1では干渉計に除湿器を内蔵しましたので,除湿剤を定期的に交換するなどの作業が必要ありません。

異物検査や確認試験に便利な2つのプログラムを標準装備

簡単に高度なデータ処理が行える赤外分析用ソフトウェアLabSolutions IRには,異物検査や確認試験に便利な2つのプログラムが標準装備されています。

異物解析プログラム
異物として多く検出される物質のスペクトルを収録した異物ライブラリと島津独自のアルゴリズム(特許出願中)を組み合わせて,測定された異物を高い精度で同定します。解析後,自動的に判定レポートが作成されますので,赤外分析の知識の少ない方でも簡単に解析ができます。スペクトルを選んでから,解析結果が表示されるまで,わずか数秒です。

確認試験プログラム
日本薬局方や食品添加物公定書の「赤外吸収スペクトル測定法」など,各国の薬局方や公定法に記載されている確認方法に基づき,検定試料の良否を判定するプログラムです。
医薬品・食品の確認試験だけでなく,受入検査や出荷前検査などに活用できます。

省スペース設計

光学系の改良などにより,コンパクト化を実現しました。当社の従来機種に比べ,設置面積・幅で約20%省スペースになっています。

豊富なオプション群

赤外顕微鏡やATR測定装置,拡散反射測定装置など目的・サンプルによってさまざまなオプションが利用可能です。

省スペース設計のIRAffinity-1S
赤外顕微鏡AIM-9000

Top of This Page