信頼性評価セミナー in 仙台 2018

近年、ますます製品や各種材料の高付加価値化、信頼性や安全性の向上が求められています。
また、自動車のEV化に合わせて新素材や次世代電池の開発競争を受けて、大きな技術革新に迫られています。

このような時代の要求に対応して、このたび「島津信頼性評価セミナー in 仙台 2018」を開催する運びとなりました。
このセミナーでは、製造業で問題となる異物・不良解析の実例、非破壊検査の分野からの不良解析例などを紹介します。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

◆ 日 時 2018年12月19日(水)13:00~16:00 (12:30 受付開始)
◆ 会 場 仙台市中小企業活性化センター セミナールーム(2)B  会場アクセス
(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 6階)
◆ 定員 40名(定員になり次第、締め切らさせていただきます)
◆ 参加費 無料
◆ お申込み

申し込みは締め切りました。

受付後、担当者より受講票を送付いたします。
締め切りは2018年12月12日(水)ですが、定員になり次第締め切らせていただきます。

多くのお申込が予想されますので、同部署からのご参加は3名までとさせて頂きます。

プログラム

 
時間 内容
13:00 ~ 13:50

不具合解析に役立つ多様なX線CT撮影法

不具合の調査手段として、X線CT観察の利用が進んでいます。
しかし一言にX線CTといっても様々な機種があり、用途に応じた機種の選定は重要です。
X線CTの種類と、その応用例をご紹介します。
・プリント基板のBGA(XSlicer SMX-6000)
・電子部品等(inspeXio SMX-100CT) ・特殊撮影法(in situ CT)
・大型部品、金属部品(inspeXio SMX-225CT FPD HR)

14:00 ~ 14:50

製品中の異物解析、不具合調査

異物混入や不良品によるクレーム発生、リコール、商品回収は短期的な損失のみならず、中長期的に企業のブランドイメージを大きく失墜させる原因となるため、様々な業界で不良解析の重要性が高まっています。
製品に混入した異物、製品の不具合を表面形態の観察や元素分析、構造解析を行い、発生した不具合の原因を調査した事例をご紹介します。

15:00 ~ 15:50

検査データの信頼性向上

昨今、試験データ改ざんについてのニュースをしばしば目にします。
測定した結果についての信頼性向上や、その信頼性の元となる校正や評価方法についてご紹介致します。

本セミナーに関する問い合わせ

島津製作所 東北支店 分析計測営業課 工藤まで(TEL 022-221-6231)

Top of This Page