TOC-Vw シリーズ(湿式酸化方式)

TOC-Vシリーズ オプション

TOC-Vシリーズでは,多彩なオプションにより,様々な機能を拡張することができます。
ただし,組み合わせが不可能な場合がありますのでご注意ください。
ASI-V     -  最大68試料の自動測定が可能なオートサンプラ
OCT-1     -  低コストで自動測定システムを実現する8ポートサンプラ
TNM-1     -  TOCとTNの同時測定を可能にするTNユニット
SSM-5000A    -  固体試料の測定を可能にする固体試料燃焼装置

オートサンプラ ASI-V

オートサンプラ ASI-V

オートサンプラASI-Vは,最大68試料のサンプリングが可能なTOC-Vシリーズ用オートサンプラです。
TOC-V シリーズに組み合わせることで,全自動測定システムとしてご利用いただけます。 機能性と利便性を兼ね備え,操作も簡単です。
 (ON-LINEを除く)

 バイアル  40mL:68本
 125mL:24本

8ポートサンプラ OCT-1

8ポートサンプラ OCT-1

8ポートバルブを使用した小型でシンプルな設計により,お手軽な価格で自動測定システムを実現していただけます。 また,専用バイアルが不要で,セッティングも非常に容易です。 また,ベースプレート部分は薄く作られているので,既製のマグネティックスターラやウォータバス等をその上に乗せて使用することも可能です。

なお,OCT-1は,TOC-V本体1台につき最大2台(バイアル16本)接続可能です。

TN(全窒素)ユニット TNM-1

TNユニット TNM-1

TNユニット(右)

TNM-1は,ON-LINE TOC-VCSHに組み込むことにより,TN(全窒素)の測定を可能にするTNユニットで,TOCとTNの同時測定が可能です。 TN測定は,JISの全窒素測定法にある「熱分解法」に準拠しており,0.1mg/Lレベルから最大4000mg/Lまでの広範囲の測定が可能です。 また,検出部には,島津がガス分析計で豊富な経験と実績を持つ化学発光検出器を採用しています。
(TN/TOCを同時測定する場合,高感度触媒を使用したTOCの高感度測定はできません)

 測定範囲  0~4000mg/L
 測定精度
 (繰返し精度)
 CV3%以下
 測定時間  約4分

固体試料燃焼装置 SSM-5000A

固体試料燃焼装置SSM-5000Aは,TOC-Vシリーズと組み合わせることで,水試料をはじめ,土壌,汚泥,堆積物など種々の固体試料中のTOC測定を可能にする装置です。
通常の固体試料における測定作業では,試料からの有機炭素成分の抽出作業が必要になりますが,SSM-5000Aを導入することで固体試料をそのまま測定できるので,迅速かつ簡便で,より正確な測定が可能です。
(TOC-V E,ON-LINEを除く)

固体試料燃焼装置 SSM-5000A

固体試料燃焼装置(右)

具体的応用例

  • 洗浄バリデーションにおける有機性残留物の測定(スワブ法)
  • アルミ箔表面の清浄度評価 (No.1)*)
  • ガラス繊維中の有機成分測定 (No.4)*)
  • 堆肥の炭素成分測定 (No.5)*)
  • セメント二次製品中の炭酸カルシウム量測定 (No.14)*)
 

*)詳細資料として"アプリケーションニュース"を発行しています。
最寄の弊社営業までお問い合わせください。

 TC酸化方法  燃焼触媒酸化
 (TC炉温度900℃)
 IC反応方法  酸性化
 (IC炉温度200℃)
 測定範囲  TC:0.1~30mgC
 (高感度:1~20μgC)
 IC:0.1~20mgC
 最大試料量  1g
 (水分含有率0.5g以内)
 測定時間  通常5~6分
 キャリアガス  酸素(99.9%)500mL/min
 高感度測定には
 高純度酸素が必要

Top of This Page