学校環境衛生基準の一部改正について

TOC-Lシリーズ 
ラボ分析用TOC 燃焼触媒酸化方式
TOC-Lシリーズ

2018年4月より学校環境衛生基準の一部が改正されました。告示では飲料水等の水質,設備に係る学校環境衛生基準が改正され,有機物等の検査項目が「“全有機炭素(TOC)の量”又は“過マンガン酸カリウム消費量”」から「全有機炭素(TOC)の量」に一本化され,TOCの測定が必須になりました。

 

島津の TOC計 "TOC-L" は燃焼酸化方式を採用しており,あらゆる有機物を酸化する能力と十分な感度で水質の変化を確実にキャッチし,水質事故の防止に貢献します。水質検査機関の皆様にも圧倒的に多くご利用いただいており,サービスやサポートの面でも安心です。 学校の水道水質を守るため、ぜひ TOC-L をお役立てください。

参考情報

学校環境衛生基準の一部改正について(通知) (2018年4月2日付)

文部科学省のホームページへリンクします。

 

Top of This Page