TOC計 TOC-LとTOC-5000との機能比較

燃焼触媒酸化方式TOC計の従来機とTOC-Lシリーズの機能比較

TOC-5000シリーズからの向上ポイント

 TOC-Lシリーズは,多くのお客様にお使いいただいたTOC-5000(A)シリーズを,さらにパワーアップしたTOC計です。
 TOC-Lシリーズは,希釈・酸添加・洗浄水使用などのさまざまな自動機能を実現しました。 試料測定の時間短縮や測定範囲の拡大も達成しました。 また,ソフトウェアも大幅に強化しています。

TOC-5000からTOC-Lへ

TOC-Lの主な向上ポイント

  TOC-5000(A) TOC-LCSH/CPH
測定範囲 4μg/L~4,000mg/L 4μg/L~30,000mg/L
(自動希釈機能で範囲拡大)
自動希釈 なし あり, 希釈機能により試料中の酸・アルカリ・塩分濃度を下げることができ,その結果,触媒や燃焼管の交換周期を延ばすことができます。
NPOC測定時間
(サンプラ無し条件)
10.5分 試料をバイアルに分取→酸
添加→試料セット→条件設定→測定
6.4分(約40%短縮) 試料セット→条件設定→測定
洗浄水 なし, 試料による置換洗浄(共洗い)
のみ
あり, 試料による置換洗浄(共洗い)と,洗浄水(希釈水兼用)による洗浄が可能
COD/BOD換算 機能なし 機能あり
全窒素測定 不可 TNM-L(オプション)で可能,TOCとTNの同時測定が可能
表示言語 英語のみ 組み込みLCD,PC 共,日本語表示 (英語表示へ切替可能)
組込LCD モノクロ TFTカラー(TOC-LCSH)
精度管理機能 未対応 PC制御モデルで対応可能
ER/ES機能 未対応 PC制御モデルで対応可能
(ER/ES:電子記録/電子署名)
保存データ件数・種類 測定結果:200試料分の平均値を保存可能 ピークデータを含むすべての測定結果を2,000試料分以上,および,最大60本の検量線(TOC-LCSH
保存データの出力 不可 USBメモリへ出力可能(TOC-LCSH
NDIR光量調整 不要(自動調整)
キャリアガス異常検出 機能なし 機能あり
本体寸法,質量 W480×D500×H480mm,約46kg W340×D660×H480mm,約35kg
オートサンプラの
試料バイアル
ASI-5000A:
  5mL×78,42mL×16 (他にSTD 8),
  専用バイアル使用
ASI-L:
  9mL×93,24mL×93,40mL×68,
  市販バイアル使用
簡易オートサンプラー 設定なし 設定あり。
標準で8試料,ユニット増設で最大16試料。
専用バイアル不要で,採水容器のまま測定可能。
高塩試料用ハロゲンスクラバ
(B型ハロゲンスクラバ)
オプション設定なし オプション設定あり

Top of This Page