TNP-4200シリーズ

オンライン全窒素・全リン計

仕様

項目 説明
測定項目 全窒素(TN),全りん(TP),有機汚濁成分(COD)(TNP-4200U)それぞれ,濃度および負荷量が算出可能です。
*負荷量の算出には流量計信号が必要です。またCODの負荷量算出には,UVまたはCODの信号入力(外部から)が必要です。
測定原理 TN:アルカリ性ペルオキソ二硫酸カリウム・紫外線酸化分解-紫外線吸光光度法
TP:ペルオキソ二硫酸カリウム・紫外線酸化分解-モリブデン青吸光光度法
UV:連続流通形紫外線吸光光度法
測定周期 TN・TPで1~24時間,1時間単位で設定可能(TNのみ・TPのみでも設定可能)
UV:連続測定
測定レンジ TN:0~2/5/10/20/30/50/100/200 mgN/L,TP:0~0.5/1/2/3/5/10/20/50/100 mgP/L
UV:0~2.5 Abs(. セル25 mm)※10 mmセル換算で,0~1.0 Abs.
繰り返し性
(スパン液にて)
TN:±3%F.S.以内(測定レンジ 0~2/5/10/20/30/50 mgN/Lの時),±5%F.S.以内(測定レンジ 0~100/200 mgN/Lの時)
TP:±3%F.S.以内(測定レンジ 0~0.5/1/2/3/5/10/20 mgP/Lの時),±5%F.S.以内(測定レンジ 0~50/100 mgP/Lの時)
UV:±2%F.S.以内
表示・操作 カラー液晶タッチパネル付き
データ保存機能 20,000件分の測定データ数が保存可能
データストレージデバイス USBフラッシュメモリに測定値を保存可能(USB1.1または2.0に対応したUSBメモリ,FAT16またはFAT32,暗号機能の無いもの)
試料水条件 水温 0~40℃(凍結しないこと) 流量 逆洗ストレーナ式前処理器使用時 1~3 L/min,単流路型懸濁試料前処理器 2~5 L/min
試薬貯蔵量 1ヶ月分
洗浄水条件 単流路懸濁試料前処理器用(オプション) ※圧力:300~500 KPa,水道水を使用のこと
供給水条件 純水精製セット用(オプション) 圧力 50~500 KPa,水道水または水道水相当の水
アナログ出力 4-20 mADC/0-16 mADCの絶縁2出力 オプション装着時:最大12出力可能 負荷抵抗:500 Ω以下
流量入力,外部信号入力信号 4-20 mADC(入力インピーダンス:100 Ω) 絶縁2入力 ※ただしチャンネル間は非絶縁
接点出力信号 標準装備で15出力。オプションを装備することで最大27出力まで対応可能。(接点容量:1 A,AC125 V無誘導負荷)
共通イベント 電源断,CPUエラー,UV計の電源断
警報 重故障,機器警報,試薬断,希釈水断,試料水断,廃液警報(オプション)
イベント 保守中,測定中,校正中,データ出力トリガ(TN濃度,TP濃度,負荷量),サンプリングポンプ制御等
接点入力(リモート入力)信号 試料水断,測定スタート,校正スタート,警報解除(出力側接点容量:DC24 V,10 mA以上)
計量・送液 シリンジポンプによる
試料希釈 シリンジ内で希釈。測定レンジにより希釈率自動決定
ダーク補正 測定毎に行う
ゼロ点自動補正 測定毎に行う(UVは自動洗浄後に自動補正)
自動校正機能 自動校正を行う。周期(日単位)・時刻を設定 校正回数は,ゼロ・スパン別に設定可能。自動校正後の自動測定可能(初回校正機能)
装置管理測定 ゼロ水・標準試料・実試料を連続で自動測定する。(オフライン測定)
オフライン測定試料 オフライン測定専用の採水チューブを用意。
負荷量演算機能 負荷量演算機能を内蔵。流量入力端子を標準装備。外部入力によるCOD負荷量演算が可能
※負荷量演算を行うには,流量入力が必要です。
シリアル通信 RS-485,RS-232C(オプション)Modbus対応
プリンタ(オプション) 感熱式,文字40桁,用紙幅110 mm
電源・接地 AC100 V±10 V 300 VAmax 50/60Hz 接地付き3Pプラグ, 要接地
周囲温度条件 1~40℃
重量 TNP-4200:約75 Kg,TNP-4200U:約125 Kg

Top of This Page