UVM-402

水質監視用紫外線吸光度自動計測器

UVM-402

工場・事業所などからの排出水や河川・湖沼などの公共用水域の水の有機汚染の程度を紫外線の吸収から評価するための計測器です。そのシンプルな測定方式の良さを生かすために、メンテナンスの軽減と使いやすさを徹底して追及した、実用的で信頼性の高い装置です。

 

用途

  • COD水質総量規制用水質モニタ
  • 公共用水の水質モニタ
  • 工場排水の有機汚濁モニタ
 

特徴

  • ワイドな測定範囲により、広範囲な水質に対応できます
  • バルブ操作でゼロ校正が行えます
  • スパン校正もワンタッチで行えます
  • アイデアを生かした構造のセルです
  • 長期間にわたって安定した測定ができます
  • 読み取りやすいディジタル表示です
  • 用途や使用状況に応じて7タイプの中から選べます
    • 壁面取付形(1種類)
    • 屋内設置用自立架台形(5種類)
    • 防雨カバー付自立架台形(1種類)
 

仕様

測定方式 紫外線式吸光光度法TN
測定対象 水中の有機汚濁物質
測定範囲 0~0.2/0.4/0.8/1.0吸光度
(10mmセル換算)
測定セル 流通形、25mmまたは6mm
再現性 ±2%F.S.以内
安定性 ゼロ :±2%F.S./日以内
スパン:±2%F.S./週以内
大きさ 約W480×D230×H1240mm(タイプI)
重さ 約40~100kg(タイプによる)
電源 AC100V,150VA

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

Top of This Page