SOA-307/307Dx

煙道排ガス二酸化いおう測定装置

SOA-307/307Dx

マイクロコンピュータ内蔵のレシオ方式の赤外線式分析計の採用により、性能、機能ともに一段とグレードアップ。307形は標準形で、307Dx形はO2計などご要望に応じて特別仕様の付加が可能です。

用途

  • 各種ボイラ排ガス中のSO2濃度測定
  • 燃焼炉、石油精製、鉄鋼、硫酸製造、セメントなどの各種プラントの排ガス中のSO2濃度測定
 

特長

  • コンピュータレシオがデータの安定性を保証します
  • 共存成分ガスによる測定誤差は、ほとんどありません
  • ローコストで全自動分析計を実現

仕様

測定方式 非分散形赤外線吸収法(レシオ方式)
測定範囲 最小:0~100ppm
最大:0~1vol%
大きさ 約W710×D450×H1652mm(SOA-307)
約W835×D955×H1796mm(SOA-307Dx)
重さ 約120kg(SOA-307)
約200kg(SOA-307Dx)
電源 AC100V,450VA

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

Top of This Page