HPLCにおける新時代の分析スタイルとは?

Nexeraシリーズおよびi-Seriesは,デジタル技術やネットワーク技術を取り入れ,新たな機能を搭載し,進化を遂げています。
あなたもHPLCにおける新時代の分析スタイルを体験してください。

 

自動化



移動相流量制御機能
 

熟練者の手作業を自動化

i-Seriesのオートスタートアップ,移動相流量制御機能(FlowPilot)により,装置や消耗品への負荷をかけることなく自動で装置を立ち上げることができます。ラボワークの負荷を軽減しながら,長期に渡り信頼性の高いデータが得られます。

移動相流量制御機能

 

 

 
FlowPilot (特許出願中)
 
オーブン温度に応じてポンプが流量を制御します。
 
  • A  流量を徐々に上昇させる
  • B  メソッド設定値の半分の流量を維持
  • C  オーブン温度が設定値に達すると流量をメソッド設定値まで徐々に上昇
 


自動波形処理機能「i-PeakFinder」
 

大量のデータを高精度に一括処理

ベースラインのうねりや,ノイズに埋もれたピークなどを1 つ1 つ処理するのは手間がかかる上,熟練度により差が生じます。当社独自の波形処理アルゴリズムi-PeakFinderは,このような厄介なクロマトグラムの処理に最適です。大量のデータに対して高精度に一括処理できるため,多検体の多成分一斉分析データの解析をより迅速に実施できます。

自動波形処理機能「i-PeakFinder」


 
メソッド移管支援機能「ACTO」
 

装置の置き換えやメソッドの移管を支援 

他の装置で使用していた試験法(分析条件,メソッド)を別の装置に移管して同じクロマトグラムを得るのは,時には簡単ではありません。i-Series は,他社システムや当社従来機とシステム内部容量を同一にすることで,互換性のあるデータ採取を可能とします。また、ACTO(Analytical Condition Transfer and Optimization)機能によるグラジエント開始タイミングの自動調整で,グラジエント分析時の分離調整を簡単に行うことができます。

メソッド移管支援機能「ACTO」

 

遠隔化

移動相モニター


移動相モニター
 

連続分析中の移動相枯渇を防止 

移動相モニター機能*1, *2 は,セットされた移動相量を自動でモニターし,日常の多検体分析を安心して実施できます。分析開始前や分析中にも枯渇の可能性が生じれば作業者にPCやスマートデバイスで通知し,補充を促します。度重なる装置前での確認,枯渇に伴う復旧・再分析を避け、無駄な時間を省きます。

  •  
  • *1 オプション
  • *2 1L びん使用の場合は最大12 液、大容量びん(2L から5Lまで)使用の場合は最大4 液までモニタリングが可能
 
 
遠隔操作/ モニタリング機能
 

ラボ以外からも装置の操作,管理

遠隔操作/ モニタリング機能

スマートデバイスやPCのWebブラウザからLabSolutions Direct を経由して,ラボから離れた場所より装置を遠隔操作し,予め設定したメソッドやバッチ分析を実行することができます。また,装置状況やクロマトグラムも遠隔モニタリングでき,ラボと居室を行き来する時間のロスと手間を低減し,分析従事者の業務効率化を支援します。

ネットワークの構築でさらなる業務の効率化

LabSolutions CSでネットワーク環境を構築すれば,すべての分析データがサーバーコンピュータのデータベースで管理され,データを安全に一元管理するだけでなく,ネットワーク上のどのパソコンからでもデータにアクセスし解析作業を行えます。またネットワークを通じて,居室,さらには自宅からでも装置の遠隔操作やモニターを可能にします。ネットワーク管理者はユーザーに応じ最適な操作権限を割り振り,信頼性の高いラボ運営を実現します。

LabSolutions CSの詳細はこちら

Nexera i-Series製品ページ

Top of This Page