LIMSsolution

分析・計測機器に直結した分析情報・データ管理システム(LIMS)

マスター管理

 LIMSsolutionでは,分析装置情報,報告書情報,成分情報,分析測定項目情報などをマスター情報として登録しておき,各マスター情報からマスター試験情報を作成します。

LIMSsolutionによるマスター情報の管理
LIMSsolutionによるマスター情報の管理

試験指図

 試験を行う前には予め,分析装置,測定成分,単位,測定項目,試験の依頼元,分析担当グループなどを試験情報として登録しておきます。 登録した試験情報を指定して試験を行います。
 試験受付にあたって,定例試験/臨時試験/HOST*指示試験の受付が可能で,カレンダーと連動した試験の予約もできます。 また,一定期間の試験受付状況の確認や受付済み試験の再試験要求などが簡単にできます。
 *HOST試験:生産管理システム等からの試験指示情報に基づいた試験

LIMSsolution試験指図
LIMSsolution試験指図

バッチテーブルファイルの自動生成

 LIMSsolutionは,試験受付(試験指図)から送られてくる情報をもとに, LCsolution/GCsolutionなどのスケジュール分析に必要なバッチテーブルを自動作成することが可能です。 自動作成することで,重要な情報の入力ミスを防げます。
 作成したバッチテーブルは,ワークステーションに直接実行指示することも,待ち行列に保管することも可能です。
 また,ワークステーションで使用するメソッドファイルはマスターとして データベース登録しておき管理することが出来ます。
 (メソッド管理機能に対応するワークステーションは,LCsolution/GCsolutionなど)

LIMSsolutionバッチ作成ツール
LIMSsolutionバッチ作成ツール

データ管理

 統合管理された分析・測定データの閲覧・承認(確認)作業は,CLASS-Agent Managerを使用して行います。 データの検索は,分析・測定時に登録された情報(サンプル情報など)をもとに検索でき,データの確認は,サンプル情報,データ情報,クロマトビューア,スペクトルビューア,PDFビューアなどを閲覧しながら行います。

 承認(確認)されたデータは,自動的にAgentデータベースからLIMSsolutionデータベースに送られ,必要な試験結果項目の情報が管理されます。(データ収集後にCLASS-Agentで確認・承認することなくLIMSsolutionにデータを送信することも可能です。)
 また,LIMSsolutionの試験マスターに規格値や計算書式を登録しておくと,計算や結果判定を自動処理し結果が表示されます。

試験結果の通知
試験結果の通知

高度なデータ処理機能

 複数台の分析機器の結果または,分析機器と天秤の秤量結果を用いて行うマルチ計算処理を,LIMSsolutionではマスターテーブルに登録された計算式をもとに自動的に計算を行います。
 標準で検査成績書や日報の作成・印刷機能・統計処理に不可欠なX-Rs管理図作成機能・集計表の作成機能なども備えております。

各種報告書
各種報告書

手入力,カスタマイズ機能

LIMSsolutionにオンライン接続できない装置などについて,手入力によるデータ登録が可能です。
 各試験情報を構成する項目には,カスタマイズ可能な項目が予め登録されています。 ロットや採取場所,採取時間など,ユーザーにて自由に名称や書式をカスタマイズしていただけます。

Part11準拠のセキュリティ,ユーザー管理

 LIMSsolutionではユーザーのログイン管理やオーディットトレイル,データのセキュアな保管などFDA 21CFR Part11に準拠したセキュリティを保証します。 また,HPLCやGC装置などのユーザー情報とLIMSユーザーを一元的に管理できます。 各ユーザーにこのグループ化された機能を割り当てることでアクセス制限をかけることもできます。詳細説明へ

ロックアウト設定,アクセス制限設定によるセキュアなユーザ管理
ロックアウト設定,アクセス制限設定によるセキュアなユーザ管理

Top of This Page