LCsolution

LC用ワークステーション

規制対応

LCsolutionランチャー

充実したシステム管理機能

 システムポリシー設定,ユーザー管理,ログブラウザ,オーディットトレイルなどのシステム管理機能により,21 CFR Part 11対応のための機能も充実しています。
  システムポリシー の設定では,システムの運用管理の設定やパスワードの有効期限や最小文字数,不正アクセスに対するロックアウト機能など,システムのアクセスを管理します。
  ユーザー管理 は,権限グループの設定と各ユーザへの権限付与にて構成されます。 管理業務から分析のオペレーションまで,ラボ運営に合わせたユーザ管理の実現が可能です。
  ログブラウザ では,システム運営管理から使用状況,エラーの発生状況の確認まで,システムの状況をブラウズできます。 ログ内容やユーザ名などでの検索機能も備え,必要な情報を速やかに取り出すこともできます。
  オーディットトレイル 機能により,メソッドファイルの変更履歴を管理できます。 オーディットトレイル機能が設定されたメソッドで収集されたデータでは,再解析時データにも,そのオーディットトレイルが記録されます。 またシステムポリシー設定により全てのメソッドにオーディットトレイルを適用することもできます。

システムポリシー設定によるアクセス管理を実現
システムポリシー設定

統合データ管理環境

 LCsolutionでは,分析データを,ネットワーク対応分析データ管理ツールCLASS-Agentへ直接登録できます(CLASS-Agent Manager は LCsolution PCセットに同梱されています)。 CLASS-Agent Managerでは,分析者や分析日時など各種検索条件によるデ-タの絞り込みも簡単に行うことができます。 またPDFファイルも管理し電子署名機能も有するため,分析室のペーパーレス化をサポートします。
 *PDFファイルの取り込みには米国Adobe Systems社のAcrobatが別途必要です。

CLASS-Agentによる分析データ管理の効率化
CLASS-Agentではデータの検索が容易

Top of This Page