LabSolutions

機能紹介:ラボの情報管理

CLASS-Agentネットワークシステム

CLASS-Agentは,データベースに保管されたHPLC,GC,LCMS,GCMS,UV,IR,TOC,熱分析,X線回折装置,粒度分布測定装置,天秤や他社製品など種々の分析機器の測定結果に対し,データ管理や電子署名などの操作が行えます。
データは自動的にデータベースに格納され,後から目的のデータを簡単に検索できます。また,分析に使用したメソッドやスケジュール情報,測定日時,測定者,クロマトグラフ,分析レポートのイメージファイル(PDF形式)なども同時に保存でき,FDA21 CFR Part11に完全対応しています。また,ネットワークにも対応しているため,全ての分析装置のデータをサーバPCに一元管理し,クライアントPCからこれらデータを容易に参照できます。

CLASS-Agentによるシステム構築

  • ネットワーク上のデータベースで各種分析装置のデータを一元管理
  • クロマトグラムやスペクトロ情報,分析結果の数値情報の表示・活用が可能
  • FDA21 CFR Part11に完全対応

Agent Manager

AgentManagerによりデータベースに保管・管理されたデータの検索,閲覧,電子署名を行うことができます。
分析結果は,分析装置毎に最適な形式で表示されます。

ネットワーク対応データ管理ツール CLASS-Agent

ネットワークによるデータの一元管理

ネットワークで接続された分析装置のデータをデータベースで一元管理することができます。データベースに保管されたデータは,居室等のクライアントPCから参照することもできます。

ラボの分析データを統合管理 CLASS-Agent

ネットワーク対応データ管理ツール CLASS-Agentによる分析装置の管理

Top of This Page