島津Nexeraシリーズドライバ

当社UHPLC Nexera X2シリーズもWaters社ソフトウェア Empowerから操作が可能

以下の対応ソフトウェアによる当社Nexeraシリーズの制御が可能です。

ベンダー名 ソフトウェア名
Waters Empower® 3
Thermo Fisher Scientific Dionex Chromeleon™ 7.2

移動相切れのうっかりミスを防止

Waters社 Empowerをもちいて当社LCメソッド編集

ラボ外で残量をモニター

移動相やオートサンプラの洗浄液などの残量を移動相残量計MPM-40*を用いて,リアルタイムでモニタリング(最大12液)。残量はEmpowerのコントロールパネルやスマートデバイスから確認することができます。移動相が枯渇しそうになれば,PCやスマートデバイスに通知。補充のタイミングを事前に判断しやすくなります。

 

同一サンプルを2系統で同時に分析(デュアルインジェクション)

装置ステータスデータのプロット画面でウォームアップの進捗確認

1つのサンプルを2つの流路で同時分析

SIL-40シリーズのデュアルインジェクション機能*を用いれば,1台のシステムで独立した2種類の分析を同時に実施することができます。2系統のデータを取得する時間と2台分の装置設置スペースを節約するだけでなく,アミノ酸,有機酸,糖,ビタミン,陰陽イオンなど,試料に合わせた流路を構築することで,多角的な解析を効率よく行えます。

自動前処理機能による試料調製の省力化と信頼性の向上

SIL-40シリーズの自動前処理機能をサポートし,試料の希釈,試薬添加,共注入などの操作を目的に合わせて実行します。試料調製の前処理操作を自動化することで操作ミスをなくし,再現性を向上するとともに,分析業務全体の効率化を図ります。

対応装置リスト

 
ユニット 装置名 備考
システムコントローラ SCL-40,CBM-40, CBM-40lite  
移動相モニタ MPM-40  
ポンプ LC-40D, LC-40D XR,LC-40B XR, LC-40D XS,LC-40D X3, LC-40B X3  
オートサンプラ
SIL-40,SIL-40C, SIL-40 XR,SIL-40C XR, SIL-40C XS,SIL-40C X3
PlateChanger
 
カラムオーブン CTO-40C,  CTO-40S,  CTO-30A※  
検出器 SPD-40,SPD-40V
RID-20A
RF-20A,RF-20AXS
CDD-10Avp
AD
SPD-M40
SPD-M30A※
 
移動相流路の流路切換バルブ LPGE Unit,FCV-11AL
FCV-11ALS
UVリサイクルバルブ
 
高圧流路の流路切換バルブ FCV-0206,FCV-0607
FCV-0206H,FCV-0607H
FCV-0206H3,FCV-0607H3
FCV-DR
 
 

※ SPD-M30Aは,本ドライバとは別のProminence/Nexeraシリーズ のドライバと組み合わせることで制御可能です。

※ CTO-30Aは,Chromeleon 7.2ではご利用いただけません。

※ ドライバにより対応する装置ROMバージョンが異なります。確認が必要な場合は,弊社担当者にご相談ください。

※ 1台のコンピュータまたはデータ取り込みサーバー(LAC/E32等)に島津LCと他社製LCシステムを接続することはできません。島津LC専用のデータ取り込みサーバーを別途ご用意ください。

※ Chromeleon 7.2でご利用になられる場合は,1台のコンピュータにつき最大2台のシステムが制御できます。

※ 上記以外のソフトウェアでは,1台のコンピュータまたはデータ取り込みサーバー(LAC/E32等)で最大4台のシステムを制御することができます。 PDA検出器など3次元データを採取する検出器は,1台のシステムとして数えてください。
例)PDA検出器を1台含むLC装置を制御すると,残りの制御台数は最大2台となります。

※ Waters®,Empower®は,米国Waters社の米国および他の国における商標です。

※ Chromeleon™はThermo Fisher Scientific Inc.の登録商標です。

Top of This Page