島津LCドライバ: OpenLAB CDSに対応

OpenLAB CDS対応 島津LCドライバ

Nexera X2とProminenceの制御がOpenLAB CDS EZChrom Editionから可能に

Agilent Technologies社 OpenLAB CDS EZChrom Editionで当社LCを操作可能

Agilent Technologies社の以下のクロマトグラフィーデータシステムから,UHPLCシステムNexera X2シリーズとProminenceシリーズの制御が可能になりました。
島津LCドライバは,Agilent Technologies社のRC.netオープンスタンダード規格に準拠して開発されました。

  • OpenLAB CDS
  • OpenLAB CDS EZChrom Edition

(更新のお知らせ: 2015年3月4日)
新しい一体型LCシステム "i-Series"対応機種の追加など機能拡張されました。New!
⇒詳細は仕様のページへ!

シームレスな島津LC制御

OpenLAB CDS EZChrom Editionで当社LCメソッド編集
島津LCメソッド編集画面

 島津LCの装置制御パラメータはOpenLABの機器条件画面で設定し,装置メソッドと して保存できます。また,つぎにしめす島津LCのさまざまな特長に対応しており, 装置の性能を最大限活用することができます。

  • 移動相ブレンディング
  • オートサンプラの前処理機能と注入前のオーバラップ機能
  • マルチオーブン制御(最大4台)
  • PDA検出器の2Dチャンネルモードと200Hz高速サンプリング
  • RF検出器4Ch対応
  • システムチェック
  • オートパージ

■ デジタル処理による分析データの収集と管理

Agilent Technologies社 OpenLAB CDS EZChrom Editionによる当社LC分析操作
分析操作画面

検出器信号はすべてデジタル信号で採取されますので,A/D変換器は不要です。 ポンプ圧力やカラムオーブン温度などの装置ステータスもAUXトレースとして保存され,障害発生時の原因追及を支援します。
 また,OpenLABの機器ステータス機能に対応しました。 島津LCのポンプ送液やオーブン温調のOn/Off,オートサンプラのリンスやパージ操作などを直接制御できるだけでなく,システムの稼動状況のモニタや各装置の消耗品の使用頻度をチェックするシステムチェックなどの便利な機能も機器ステータスから使うことができます。

■ GxP,Part11対応

OpenLABの装置メソッドによる島津LC制御,OpenLABフォーマットでのデータの保存により,OpenLABの有するオーディットトレイル機能を活用することができます。
 OpenLABが持つ規制対応機能とあわせて,GLP/GMP規制はもちろん米国FDA 21 CFR Part 11など電子記録・電子署名関連規制対応もフルサポートします。

Top of This Page