Plastic Analyzerの応用例

Plastic Analyzerがプラスチックの分析に活躍した事例として,紫外線により劣化したプラスチック材料の化学構造と硬さの変化を評価した事例,河川から回収したマイクロプラスチックの分析事例を紹介します。

FTIRとダイナミック超微小硬度計による紫外線劣化したプラスチックの評価

アプリケーションニュース

自動車部品,建材,工業用品,農業用品等の屋外で使用されるプラスチック製品は,太陽光(主に紫外線)や雨,気温変化により経年劣化します。そのため,外的要因(光や熱)により劣化したプラスチックの状態や寿命を把握することは,プラスチック製品に使用する添加剤(酸化防止剤や充填剤等)の選定や高機能性素材の開発に役立ちます。
本稿では,自動車の部品によく使われるプラスチックの紫外線による劣化評価を行いました。フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)を用いて紫外線を照射したときのプラスチック表面の化学構造変化を,またダイナミック超微小硬度計(DUH)を用いて硬さの変化を評価した結果を示します。

ダウンロード 

 

河川で採集したマイクロプラスチックの前処理方法とFTIRによる分析法

アプリケーションニュース

マイクロプラスチックは,大きさ5 mm以下の微細なプラスチックです。一般にマイクロプラスチックの分析は,サンプルの採集,前処理(過酸化水素等による夾雑物の除去,比重分離によるマイクロプラスチックの選別),分析機器による評価の順に行います。前処理を十分に行うことは,その後の評価を精度良く行う上で欠かせません。
本稿では,マイクロプラスチックの採集の様子,前処理方法およびフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)IRSpiritによる分析法を紹介します。

ダウンロード 

 

関連製品

Plastic Analyzer

Plastic Analyzer - フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック分析システム

熱や紫外線により変性(劣化)したプラスチックの赤外スペクトルを収録した劣化ライブラリを搭載しています。本ライブラリにより,標準品のライブラリでは困難な,熱や紫外線で変性した異物・不良品などの分析や,環境中での紫外線暴露によって劣化したプラスチックの分析に効果を発揮します。

→詳細はこちら

 
IRSpirit

IRSpirit - フーリエ変換赤外分光光度計

IRSpirit, Ready to Run
省スペース、高い拡張性の即戦力のコンパクトFTIRです。
持ち運びできる小さなボディでも、当社製付属品や市販の付属品も搭載できる、クラス最大幅の試料室を搭載。
IR Pilotによるeasy naviで誰でも簡単スタートできます。
安心して導入できる信頼性
上位モデルから引き継がれたテクノロジーで、低価格でも高い再現性を実現しています。

→詳細はこちら

 
Top of This Page