TMSPC-8

Tm解析システム

核酸医薬品の熱安定性解析をサポート

核酸医薬品の熱安定性解析をサポート

核酸医薬品の研究において近年のDDS法の躍進により新たな核酸医薬品の開発が急増しています。核酸医薬品をはじめとした機能性核酸の機能性解析の中で,熱安定性は核酸の構造,ハイブリダイゼーション,機能を支配する重要な因子となっています。

島津製作所の分光光度計を用いた熱安定性解析(Tm解析)は核酸の熱安定性解析(Tm解析)を強力にサポートします。

8連マイクロマルチセル(100㎕,35㎕)により8サンプルまでの同時測定が可能

8連マイクロマルチセル(100μl,35μl)

二重鎖の核酸の温度を上昇させると,一本鎖に解離します。本システムではこの過程にともなう260nmにおける吸光度変化を測定し,Tm(50%の二重鎖の核酸が融解する温度)を決定します。

8サンプルまでの測定を少量で測定が可能です。
またセルボリュームを選択することで幅広いダイナミックレンジに対応します。

パラレルTm解析

Tm解析システムは8連電子冷熱式セルホルダ,Tm解析ソフトウェア,専用コントローラから構成され,紫外可視分光光度計との組み合わせによりハイスループット,パラレルTm解析を実現します。

duplex,triplex等の熱安定性予測,RNAの構造予測は熱力学的パラメータ(△G,△H,△S)を求めることから始まります。しかしながら,これらのパラメータを求めるためには多数の試料による測定が必要です。パラレル測定が可能なTm解析システムは,これら多点測定が必要とされる熱安定性解析,相互作用解析に最適なシステムを提供します。

アンチセンス医薬開発,SiRNA開発からハイブリタゼーション解析までサポート

アンチセンス法,アンチジーン法,ハイブリタイゼーション解析をサポート グラフ

アンチセンス医薬,siRNA医薬に代表される核酸医薬は,DDS技術が発展したことで全身投与でも効果を発揮することが期待され,開発が急増しています。
アンチセンス医薬,siRNA医薬はともに標的遺伝子の発現抑制を目的としており,それぞれの薬効には標的mRNAと相補的配列を持ったDNA(アンチセンスDNA)のduolex,トランスフェクションの際の二本鎖RNA(siRNA)の熱安定性が重要なファクターになります。
Tm解析システムは,260nmにおける吸光度変化を8連セルパラレルで測定することによりTmを決定します。アンチセンス医薬,siRNA医薬の薬効評価に不可欠な熱安定性解析を高精度,ハイスループットに実現します。

アンチセンス法,アンチジーン法,ハイブリタイゼーション解析をサポート グラフ

またDNAマイクロアレイ,PCR,FISH,ブロッティング(ノーザン,サザン)等の熱力学的安定性は化学構造,塩基配列,ミスマッチの有無,塩基濃度,塩組成/濃度,pH,その他の溶質の影響を受けます。ハイブリダイゼーションの最適化にはそれぞれの因子の評価が必要になり,多数の測定を行わなければなりません。最大8試料の測定を可能にするTm解析システムと安定性の高い島津製作所製分光光度計はハイブリダイゼーション解析に最適のシステムです。

高感度な装置と光路長10mm,1mmセルによる超ワイドレンジ測定

超ワイドレンジ測定 装置

0度~110度までの幅広い温度レンジと8連セルによるハイスループット化を実現しました。

超低迷光と低ノイズにより低濃度から高濃度まで計測可能な分光光度計UV-2600/2700と光路長10mm,1mmセルによる超ワイドレンジ測定が可能です。

さらにTm解析だけではなく,分光光度計に様々なオプションを加えることにより,1滴からのDNA/RNA,タンパク質測定やスペクトル合否判定機能を用いた合成化合物の自動合否判定等も可能です。

→ 詳細情報

超ワイドレンジ測定 グラフ

8サンプルまでのパラレル測定で得られたデータはPCにとりこまれますので,市販の解析ソフトウェアによる解析が可能です。図に△H,△S,△Gの計算例を示します。

△G:Gibbsの自由エネルギー変化(系の平衡を決定)
△H:エンタルピー変化(反応系のエネルギー変化)
△S:エントロピー変化(反応系の自由度の変化)

1/Tm vs ln(Ct/4)プロットにより△H,△S,△G37℃を計算。
△H=-74.1kcal/mol,△S=-216.5cal/(mol×K),△G37℃=-7.0kcal/mol
試料:d(GCCAGTTAA)/d(TTAACTGGC),100mM NaCl,10mM Na2HPO4,1mM Na2EDTA,pH7.0

試料ご提供 甲南大学先端生命工学研究所 杉本直己教授
*市販のグラフ解析ソフトウェアにより計算

関連製品

BioSpec-nano

BioSpec-nano

1㎕からの核酸定量を自動測定&自動拭取で実現したハイスループット核酸定量装置。
ピペッターを持ちっぱなしで,DNA/RNA定量からタンパク質定量・フォトメトリック・スペクトル測定迄可能です。

詳細を見る

 
UV TALK LETTER vol.7

UV TALK LETTER vol.7

アプリケーションの詳細情報
核酸の熱安定性解析(Tm解析)

詳細を見る

 
紫外可視(UV-Vis)分光光度計シリーズ プロダクトラインナップ

紫外可視(UV-Vis)分光光度計シリーズ
プロダクトラインナップ

詳細を見る

Top of This Page