Transdirect insect cell

無細胞タンパク質合成試薬キット

よくあるご質問 - FAQ -

ここでは、お客様からよくある質問について記載します。
これ以外の質問については、お問い合わせフォームで入力送信してください。あるいは弊社営業窓口まで直接お問い合わせいただいても結構です。弊社担当者よりご連絡差し上げます。

Q mRNA精製を簡略化できませんか?
A 最大のタンパク質合成量を得るためには精製することをお奨めします。しかし、多少合成量が落ちても良い場合は、mRNA合成液にEDTAを加えることでも合成反応を行って頂けます。詳細は、アプリケーションデータ(4)プロトコルをご参照下さい。
Q 膜タンパク質は合成できますか?New!(2012.10.17情報更新)
A 一般的には難しいですが、現在、東北大学との共同研究にて膜タンパク質発現系構築に取り組んでいます。これまでに反応系にミクロソーム膜を添加することで幾つかの膜蛋白質について発現に成功しています。 共同研究内容はこちらをご覧ください。
Q ジスルフィド結合を含有するタンパク質は合成できますか?
A 合成反応液に還元剤のDTTが含まれるため、そのままの反応ではジスルフィド結合が生じません。特注品でDTTを含まない試薬キットもご用意しております(詳細はお問合せ下さい)。ジスルフィド結合含有タンパク質の合成例はアプリケーションデータ(5)参考文献をご参照下さい。
Q 合成タンパク質可溶性はどの程度でしょうか?
A ほとんどのタンパク質は可溶性として得られますが、不溶化が顕著なときは界面活性剤の添加をご検討下さい。界面活性剤についてはプロトコルをご参照下さい。
Q どのメーカーのmRNA合成キットを使えば良いでしょうか?
A 各社から市販されております大量合成キットをお奨めします。推奨キットは取扱説明書をご参照下さい。
Q アフィニティ精製用のタグ配列が挿入されたpTD1ベクターはありますか?
A ご不便をおかけしますが、タグ配列を挿入したpTD1は扱っておりません。ユーザー様での挿入をお願いします。
Q タンパク質が合成できない。合成タンパク質のサイズが非常に小さい。
A 念のために挿入領域の配列をご確認下さい。稀にクローニング中に変異が導入されることがあり、ストップコドンが生じたりすることがあります。

Top of This Page