IMAGEREVEAL MS|仕様

 

ライセンス/機能 一覧

 

 

基本ライセンスから他3ライセンスへのアップグレードが可能です。
イメージングライセンス、スクリーニングライセンスからフルライセンスへのアップグレードも可能です。

*スクリーニング/スクリーニング定量は1測定点につき1つROIを自動で設定する解析モードです。
 測定点ごとに異なるサンプルを測定した場合の解析に便利です。
 スクリーニングは測定点間の差異解析、スクリーニング定量は測定点間の定量解析を行うことができます。

動作環境

OS Windows10 64bit 日本語/英語
CPU インテル(R) Core i7 または Xeon
メモリ 32GB以上
ストレージ データファイルや一時データの保存場所に使用します。
サイズは処理するファイルサイズの5倍以上の容量が必要です。

対応フォーマット

iMScopeのデータファイル形式である「 kbd」,MSイメージングの汎用フォーマットである「imzML」と「Analyze7.5」をIMAGEREVEAL MSで読み込み可能な「imdx」に変換することができます。

Top of This Page