CELL PICKER

細胞コロニーピッキング装置

ストレスフリーを実現

自動化の追求

オプションのAUTO CHANGERをお使いいただくことで、細胞コロニーを採取する動作に加え、「チップのラックからの直接装着」、「播種先プレートの移動」、「採取した細胞の画像と播種したウェルの紐づけ」といった、周辺作業の自動化を実現しました。

自動化の追求

※本機能は、AUTO CHANGER付システムの特長です。

煩雑な作業からの解放

ピッキングの作業に潜む、面倒で不安定な作業にお困りではないですか?
CELL PICKERは、細胞採取、播種、ピペットチップ交換を自動化し、オペレーターのスキルに依存していた細胞コロニーのピッキング・リムーブ作業の安定化を目指しました。
シンプルな操作性のソフトウェアを操作しながら、自動で採取前後の細胞画像を取得することができます。

CELL PICKERとAUTO CHANGERを用いた場合の操作フロー

操作フロー

※本機能は、AUTO CHANGER付システムの特長です。

トレーサビリティの確保

メソッドによる作業の標準化

CELL PICKERはメソッドというあらかじめ設定した作業条件に従い動作します。メソッドでは、対象とする細胞のタイプや使用する容器の種類が設定可能で、さまざまな培養条件や実験条件に対応することができます。作成したメソッドは保存可能で、いつでも同じ条件での作業が実施可能です。

メソッドによる作業の標準化

 
操作画面

操作画面

設定項目

・サンプル(接着細胞 or スフェロイド)
・モード(Picking or Removal)
・サンプル容器
・播種先容器
・自動撮影の有無

※本機能は、AUTO CHANGER付システムの特長です。

負担にならない作業の記録

自動画像撮影や、動作条件と画像名称の自動紐づけ機能、播種状況の確認機能により、オペレーターの負担なく作業を確認・記録することができます。

 

自動撮影機能で採取前後の細胞コロニー画像を取得できます

自動撮影で取得した画像は、「日付_時間_通し番号_ウェル番号※_before/after」の名称で自動保存されます。また動作条件と画像名称を紐づけたサマリーファイルも出力されます。

細胞コロニー画像

サマリーファイル例

No. Image Name Method
Name
Mode Sample Sample
Vessel
Collection
Vessel※
Well
No. ※
Volume Speed
21 20201110_1607_021_C2_before.jpeg HEK_picking Picking Adherent 6well plate 96well plate C2 5 μL 16 μL/sec
22 20201110_1607_022_C2_after.jpeg HEK_picking Picking Adherent 6well plate 96well plate C2 5 μL 16 μL/sec

※AUTO CHANGER付システムのみ出力されます。

Top of This Page

お問い合わせ