アプリケーション

ゲノム編集分野におけるCELL PICKERとMCE-202 MultiNAの活用

ゲノム編集技術はCRISPR/Cas9 の登場により急速に普及しており、育種や医療分野等の広い分野で研究を推進させることが期待されています。この技術を用いた遺伝子改変法により、自然偶発的な組み換えを拠りどころとしていた従来法に比べ、飛躍的に改変効率を向上することができます。本テクニカルレポートでは、ゲノム編集を用いて遺伝子改変した細胞群から目的のクローンを樹立するフローの中で活用されるCELL PICKER™とMCE-202 MultiNA™の事例を紹介します。

Top of This Page