CELLFLOATシリーズ

三次元回転浮遊培養装置

CellPet CUBE を用いた細胞塊培養

  オルガノイド培養例:HepG2 肝オルガノイドの培養

CellPet CUBE で肝オルガノイドを培養し,適切な球形のオルガノイドが得られました。また,得られた肝オルガノイドのアルブミン産生量,CYP 活性を評価した結果,平面培養に対して明確な増加が見られました。

使用細胞:HepG2,HUVEC,MSC(混合培養) 培地:DMEM/FBS + ECM + MSCBM

円盤型培養容器の特長

上記の肝オルガノイドなど,酸素要求性の高い大型のオルガノイドや分化細胞,癌細胞の細胞塊の培養を可能にする培養容器です。

酸素要求性に片面の大型シリコン膜を採用
片面をガス透過性のあるシリコン膜にすることで,酸素要求性のある細胞の培養を可能にします。

シンプルな内部構造で大型細胞塊の培養が可能
内部構造不要な培養容器とすることで,大きく崩れやすい細胞塊の培養を可能にします。

大口径の導入口で足場材を使った培養に対応
Φ約2 cmの導入口により,スポンジ等の足場材や培養シートを用いた組織培養に対応します。

CellPet 3D-iPS を用いたiPS細胞塊形成

  iPS細胞塊の回転浮遊培養とその評価

ベッセル型培養容器に細胞懸濁液を導入して3日間培養しました。培養期間中に培地交換作業は行わずに細胞数は3.6倍に増殖し,多数のiPS細胞塊を得ました。
また,得られた細胞塊の形状とサイズは良好であり,未分化性を維持していることを確認しました。

  良好な球形を示すiPS細胞塊

多くの細胞塊がΦ200 ~ 400 μm まで成長
平均直径:301.4 µm,標準偏差:σ=60.4 µm*1
ラベルフリーイメージングシステムCell3iMagerにて撮像(詳細はオプションページ)

  未分化性の評価

未分化マーカーの遺伝子発現量は通常の平面培養と同程度*1

*1 データ提供:大阪大学工学部山内研共同プロジェクト 植村特任教授

  培養条件

 使用株: iPS細胞 253G1株
 培 地: StemFit® AK02N 培地(Ajinomoto)
      ROCK阻害剤Y-27632添加*2

*2 Y-27632 などのROCK阻害剤を用いたヒト多能性幹細胞の培養における使用に関しては,第三者特許権(第5721111号)のライセンス許諾が必要です。(本システムのご導入により,これらライセンスが許諾されるものではありません。)詳細は,理化学研究所(license@riken.jp)にお問合せ下さい。

ベッセル型培養容器の特長

簡便に必要な量のiPS細胞塊を培養することが可能です。

培養容量の調整に対応
シリンジのようにプランジャで培養に使う体積を調整できます。
10 mLベッセル型培養容器なら,最小2 mL の培養に対応します。

増殖率改善にガス透過性のある樹脂を採用
ガス透過性のある樹脂により,iPS細胞塊の増殖率を改善します。

CELLFLOATシステムによる維持培養

CELLFLOATシステムでは,CellPet FT により細胞塊をメッシュに通すことで細胞塊を簡単に小片化することできます。
これにより,細胞塊の維持培養について一般的に必要とされるトリプシン処理とピペッティングによる手作業での細胞塊分割が不要となります。
FT により得られた細胞塊小片の懸濁液を再度培養し,サイクルのように繰り返すことで,一定のサイズでの安定したiPS細胞塊を継続的に入手できます。

  培養したiPS細胞塊の分化能評価

CellPet 3D-iPS で培養したiPS細胞塊が適切な分化能を有していることを確認するため,iPS細胞塊を分化培養しました。
ウェルプレート上に細胞塊を播種し,各胚葉へ分化培養させ,それぞれの胚葉に特徴的なマーカー遺伝子の発現量をqPCRにより評価しました。

細胞塊は周辺に広がり,その周辺に
分化した細胞が増殖している様子が
確認できます。

遺伝子発現評価

  未分化マーカー

  内胚葉マーカー

  中胚葉マーカー

  外胚葉マーカー

細胞塊は,分化培養に伴い未分化マーカーの遺伝子発現が抑制され,各胚葉系マーカーの遺伝子発現の亢進が確認されました。

CELLFLOAT,CELLPET 3D-iPS,CELLPET FTは株式会社ジェイテックコーポレーションの商標です。
StemFitは味の素株式会社の登録商標です。

Top of This Page