システム構成

バイオ医薬品凝集性評価システム Aggregates Sizer

バイオ医薬品凝集評価システムAggregates Sizerは次のようなユニット構成になっています。

バイオ医薬品凝集評価システムAggregates Sizer ユニット構成

0.1ppmのサンプル濃度で測定可能
ナノ粒子径分布装置
SALD-7500nano

SALD-7500nano
  • 光源には青紫色半導体レーザー(波長405nm)を採用しています。ガス交換などのメンテナンスは一切ありません。
  • 検出器は,前方78素子,側方1素子,後方5素子の合計84素子を搭載しています。さらに,そのすべてに青紫色半導体レーザーの波長に対応した高感度受光素子を採用しています。
  • セルやセルホルダの固定部分がスライド式になっており,前面に引き出すことができるので,セルの装着や交換,メンテナンスが容易に行うことができます。
  • WingSALD bioを用いて,目的と処理内容に応じた多彩なデータ処理やシンプルでスピーディーな操作を行うことができます。
外形寸法図
外形寸法図

サンプル量0.4mLで測定可能
ディスポーザブルセル

ディスポーザブルセル
  • レーザー回折・散乱法で高濃度サンプルの粒子径分布が測定できます。
  • 測定対象となる高濃度の粒子群を2枚のスライドグラスに挟み込むだけで測定が出来ます。
  • 希釈することで粒子径分布が変化してしまうようなサンプルでも,原液のまま,あるいは必要最低限の希釈で測定が可能なため,より正確な測定が期待できます。

高濃度サンプル測定とは?

高濃度でサンプルを測定する場合,通常のフローセルや回分セルを用いると光路長が長くなり多重散乱が発生して正確な測定ができません。そこで2枚のガラス板(スライドグラス)でサンプルを挟み込み,徹底的に光路長を短くすることによって,多重散乱の悪影響を回避し,正確な測定を可能にしました。
さらに,光軸に対して斜めにスライドグラスを配置することにより,側方散乱光の検出も可能になりました。これを,前方および後方の散乱光とともに粒子径分布計算に用いることにより,微粒子/超微粒子の高濃度サンプル測定が可能となりました。

攪拌機能による凝集性評価が可能です。
回分セルSALD-BC75

回分セルSALD-BC75
  • 少量のサンプル(測定対象粒子)と媒液(分散媒)で測定できます。
  • 回分セルの容量はわずか5mLですから,懸濁液の廃液処理が少量で済みます。
  • 攪拌プレートの上下運動で粒子の沈降を抑制しています。
  • 攪拌プレートの上下運動で粒子の沈降を抑制しています。
  • 漏斗(ろうと)によってサンプルがこぼれる恐れが少なくなります。
  • 四フッ化エチレン樹脂製の漏斗(ろうと)を装備していますので,指や手に懸濁液がつく可能性が少なくなります。また,セルの表面も汚れません。

Top of This Page