100万回の開閉動作耐久試験評価

AP W-ADシリーズはオートドア開閉動作耐久性テスト※100万回クリアしました。

耐久試験

※耐久性テスト
方法:2秒ごとに全開動作、全閉動作を交互に4秒サイクルで100万回実施
判定基準:開閉動作後、当社日常点検規格をクリアすること
参考:手動による開閉操作感や動作音等変化なし
   駆動機構の損傷なし

100万回:通常使用における耐用計量回数の5倍相当
     (欧州法定計量の計量耐久性回数は10万回/ドア開閉で2倍の20万回を基準とした場合)

ドアの繰り返し回数は当社環境下における評価結果であり、保証値ではありません
写真はAP324W-AD

 
 

APシリーズバナー

Top of This Page

お問い合わせ