MOC-120H

水分計

多彩な乾燥モードで,さまざまな試料の水分測定に対応します。

■停止モード

自動停止モード

  • 自動停止モード

  • 30秒間の水分変化(変動巾%)が設定値以下になったとき自動停止します。

    時間停止モード

  • 時間停止モード

  • あらかじめ設定した時間(t1)で停止します。

    ■標準以外の乾燥モード

    急速乾燥モード

  • 急速乾燥モード

  • 乾燥初期段階に最高温度で乾燥させ,水分が減少したら設定温度に戻し,測定時間を短縮させます。

    緩速乾燥モード

  • 緩速乾燥モード

  • 表面に膜を作る試料や,高温で分解しやすい試料などを緩やかに乾燥します。

    ステップ乾燥モード

  • ステップ乾燥モード

  • 表面付着水や結晶水など多量の水分を含む試料を,段階的に乾燥条件を変え測定することができます。

    ■予測(比較)測定モード

    予測(比較)測定モード

    乾燥の過程から先の変化を予測し測定値(Mp)を求めます。測定時間が短縮されます。

    乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。

  • 変動巾表示とは赤外線水分計による加熱乾燥は,(図-2)の“M”のように乾燥初期に多量の水分が蒸発し,後半では水分の蒸発が減少します。これを水分の変化巾として表現したものが“ΔM”です。この“ΔM”を変動巾として表示部に表示します。(図-1)この変化を観察することで乾燥過程と,乾燥終了の目安をつける事ができます。
  • 乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。

    乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。
  • 専用プリンタによる出力例
  • 専用プリンタ
    出力例
    電子式水分計 MOC-120H

    ※ 外観および仕様は改良のため,予告なく変更することがありますのでご了承ください。

    Top of This Page