欧州連合(EU)と環境問題

欧州連合(EU)において,2000年10月に発効されたELV指令(廃自動車指令)により2003年7月以降は自動車の部品・材料に鉛(Pb),水銀(Hg),カドミウム(Cd)または6価クロム(Cr6+)の4物質を非含有にしなければEU加盟国に輸出することができなくなっています。
また同様に2006年7月に施行されたRoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令)では,Pb,Hg,Cd,Cr6+に加えて2種類の臭素系難燃剤PBB(ポリ臭化ビフェニル),PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質は,対象となる電気電子機器への使用が禁止になっています。このRoHS指令は,2011年7月に全面改定され,これまで対象になっていなかった電気電子機器も順次適用されると共に,6物質の非含有のためのEU適合宣言の作成が義務化されました。さらに,主に可塑剤として使用されてきた4種類のフタル酸エステル類(フタル酸ジ-2エチルヘキシル (DEHP),フタル酸ジブチル(DBP),フタル酸ジイソブチル (DIBP),フタル酸ブチルベンジル(BBP))の追加制限が予定されています。
自動車・電気電子機器とも部品点数が多大で,様々な材料・物質を使用していることから,サプライチェーン全体にわたって有害物質の非含有を管理することが製造者の責任になっています。

規制物質と最大許容含有量(閾値) ELV RoHS 備考
カドミウム(Cd) 100ppm 100ppm
  • ELV指令の閾値は委員会決定済(2002/6/29)。
    改正RoHS指令の閾値は付属書IIに記載。
  • 閾値の分母は,RoHS,ELVともに均質材料(Homogeneous Materials)。
  • RoHS,ELVともに適用除外用途が定められているので注意が必要。
  • フタル酸エステル類(フタル酸ジ-2エチルヘキシル (DEHP),フタル酸ジブチル (DBP),フタル酸ジイソブチル (DIBP),フタル酸ブチルベンジル(BBP)は新規追加物質。
鉛(Pb) 1000ppm 1000ppm
水銀(Hg) 1000ppm 1000ppm
六価クロム(Cr6+ 1000ppm 1000ppm
ポリ臭化ビフェニル
(PBB:Poly Brominated Biphenyls)
規制対象外 1000ppm
ポリ臭化ジフェニルエーテル
(PBDE:Poly Brominated Di-phenyl Ethers)
規制対象外 1000ppm
フタル酸ジ-2エチルヘキシル
(DEHP:Bis(2-ethylhexyl)phthalate))
規制対象外 1000ppm
フタル酸ジブチル
(DBP:Dibutyl phthalate)
規制対象外 1000ppm
フタル酸ジイソブチル
(DIBP:Diisobutyl Phthalate)
規制対象外 1000ppm
フタル酸ブチルベンジル
(BBP:Bis(butylbenzyl) phthalate)
規制対象外 1000ppm

■EUに於ける主な化学物質規制

  • 廃自動車指令(ELV指令:2000/53/EC)
  • 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令(改正RoHS指令:2011/65/EU)
  • 廃電気電子機器指令(改正WEEE指令:2012/19/EU)
  • 廃電池指令(改正電池指令:2006/66/EC)
  • 包装材指令(94/62/EC)
  • REACH規則(Regulation of Registration, Evaluation, and Authorization of Chemicals:(EC) No 1907/ 2006

■ELV指令(廃自動車指令)

自動車からの廃棄物発生の予防と使用済み自動車およびその部品の再利用,リサイクルおよび他の形態での再生によって廃棄物を削減することの促進,加盟国は,2003年7月1日以後に市場に置かれた自動車の材料および部品には,鉛,水銀,カドミウム又は6価クロムが含まれないことを確実にする。

■改正WEEE指令(廃電気電子機器指令)

電気電子機器の廃棄物の発生・予防・低減により,環境及びヒトの健康を保護することが目的であり,再使用,リサイクル,再生の促進が規制される。
次の付属書I,IIに記載の機器カテゴリに対して,製造者は特定のマークを製品貼付し,有害物質等を含む部品の適正処理することが定められている。なお,2018年8月以降は,付属書III,IVに示された6つのカテゴリに再分類される。

  付属書 I カテゴリ 付属書 II リスト(例示リスト)
1 大型家庭用電気製品 冷蔵庫,洗濯機,電子レンジ,エアコン 等
2 小型家庭用電気製品 掃除機,アイロン,ドライヤ,時計 等
3 IT及び遠隔通信機器 PC,プリンター,電話・携帯電話 等
4 民生用機器及び太陽電池パネル ラジオ,TV,ビデオ,楽器,太陽電池パネル 等
5 照明機器 家庭用照明を除く蛍光灯,ランプ等・照明制御装置
6 電動工具(据付型大型産業用工具を除く) ドリル,ミシン,研磨・切断機器,溶接,噴霧器 等
7 玩具,レジャー,スポーツ機器 電車,カーレーシングセット,ビデオゲーム 等
8 医療用機器(すべての移植用製品,感染製品を除く) 放射線治療器,心臓病治療器,分析機器,モニタ 等
9 監視・制御機器 煙検知機,サーモ,監視・制御機器 等
10 自動販売機 自動販売機,現金自動支払機
11 上記カテゴリーに該当しないその他のEEE  

■改正RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質使用制限指令)

2006年7月に実施されたRoHS指令では,対象となる電気電子機器の部品・材料に対して,鉛(Pb),水銀(Hg),カドミウム(Cd),6価クロム(Cr6+)及び2種類の臭素系難燃剤PBBとPBDEが使用禁止になっています。このほど,その全面改正によって,これまでは対象になっていなかったカテゴリ8(医療機器)とカテゴリ9(監視・制御機器)およびその他の電気電子機器に対しても順次適用されると共に,非含有のためのEU適合宣言の作成が義務化され,CEマーキングが必要になりました。
新規追加された4種のフタル酸エステル類の規制は,カテゴリ1~7,11については,2019年7月22日,カテゴリ8,9については,2021年7月22日となっています。

Top of This Page