錠剤の幼児用分割強度試験

錠剤の幼児用分割強度試験

一般に大人用錠剤を半分に割ることにより、子供用として服用されています。

強度試験機オートグラフAG-Xシリーズにより、錠剤の3点曲げ試験や片持ち曲げ試験を行うことにより、正確に2分割できる錠剤表面の窪みの深さの最適化を図ることができます。

オートグラフAG-Xシリーズを使って、錠剤の強度試験を行ないました。
コーティング膜(数μm)があり2段階に割れることがわかります。

錠剤の3点曲げ試験の様子と錠剤の3点曲げ試験

試験条件
 下部支点間距離 8mm 
試験速度 2mm/min

強度試験機 オートグラフAG-Xシリーズ

錠剤の圧縮や曲げ、錠剤成形測定などが行える強度試験機です。駆動はモーターで行い、力は0.02~10000Nの測定が可能です。力は試験内容に合わせて試料と接触する治具部を取り替えることにより、1台の試験機で様々な試験に対応します。試験条件の設定からグラフや結果の表示とレポート作成する専用ソフトウェア(TRAPEZIUM X)があります。
 

Top of This Page