製剤-凝集体分析(Sub-visible particles)

製剤-凝集体分析(Sub-visible particles)

凝集体は免疫原性のリスクがあるといわれています。本システムはSub-visible領域の凝集体(0.1から10 μm)を一度に測定し,定量的な評価を可能にした世界で唯一のレーザー回折法測定装置です。

凝集が生じやすい/生じにくい条件を迅速にスクリーニング可能!

バイオ医薬品凝集性評価システム Aggregates Sizer

温調された環境で溶液を攪拌することで,凝集体が生成する過程を迅速かつタイムリーに把握することができます。
他の測定方法では困難な,Sub-visible領域 (0.1- 10 μm)の粒子径分布および定量結果を一度に得ることが出来ます。

Top of This Page