培養

プロセス分析

バイオ医薬品の開発が増えるにつれ、タンパク質の産生量や安定性を向上する目的で、細胞培養に用いる培地成分や培養条件の検討が活発に進められています。細胞培養に用いられる培地は、ブドウ糖、グルタミン、核酸、ビタミンその他生物学的に重要な成分を含有しており、その濃度の最適化は重要です。産生されるタンパク質の量および品質は培地成分および培養条件によって大きく影響を受けます。

 

培地分析

細胞が産出する一次代謝物は,培養状態の指標のひとつになると期待されます。当社は迅速,簡潔かつ効率的な細胞培養液中の成分分析に適したLC/MS/MSメソッドパッケージ細胞培養プロファイリング,および培養上清分析の前処理から分析までの工程を自動化したC2MAPシステムを開発しました。

特に重要な培地成分の経時変化を測定した結果を示します。C2MAP TRENDS™ソフトウェアでは分析した各95成分の経時変化グラフを並べて表示するため,各成分の経時変化を直観的に捉えることができます。

 

アプリケーションニュース

関連するアプリケーション

 

分野別Solution

Top of This Page

お問い合わせ