高速・高感度定量分析

高速・高感度定量分析

最高感度とスピードを両立したLC-MS

超高速トリプル四重極型LC/MS/MSシステム LCMS-8060

生体試料からタンパク質やペプチドを高感度かつ正確に定量することは重要な課題です。MRM法は信頼性の高い定量法として現在の主流となっています。
定量プロテオミクスのメソッド開発では,網羅的な検討が必要であるため数多くのMRM(多重反応モニタリング)を行う必要があります。Skylineは LCMSで大規模なタンパク質定量を支援する目的で開発されたソフトウェアで,島津UFMSシリーズの特長であるMRMの高速性(UF-MRM®)と組み 合わせて用いることにより,定量プロテオミクスのスループット向上が可能です。

Top of This Page