正常ラットの摘出腎臓を用いた形態観察イメージ

腎動脈にカニュレーションを行った状態で摘出した腎臓を生理食塩水で還流,十分に脱血した後に,10%中性緩衝ホルマリンで還流固定した。
希釈(1/10)したOTNプローブをカニュレーション部位より注入し,腎血管構造の観察を行った。腎動脈からネフロンに至る構造が詳細に確認できた。

東京医科歯科大学生体材料工学研究所 木村 剛先生,中村 奈緒子先生 ご提供

関連製品

可搬型 in vivo蛍光イメージングシステム SAI-1000

これまでの蛍光イメージング装置は観察の際,空間分解能が犠牲になるケースがありました。また,大きな装置が多く,設置場所が限定されてしまうという課題もありました。「どこでも,誰でも簡単に高精細なデータを取得できる」を実現した『SAI-1000』が,次世代の創薬研究を強力にサポートします。

製品紹介ページへ

Top of This Page