担がんモデルマウスを用いた血管造影イメージング

ヒトグリオーマTF強制発現株(U87MG/Luc/TF)を皮下移植したモデルマウスを用いて、TF抗体付加抗がん剤内包ミセルの抗腫瘍効果を可視化した。PBS投与個体と比較して、担がん部位の血管走行が見えづらくなっており、抗がん効果を示す1つの指標となる。

 

国立がん研究センター 松村 保広先生、髙島 大輝先生 および ナノキャリアとの共同研究

関連製品

可搬型 in vivo蛍光イメージングシステム SAI-1000

これまでの蛍光イメージング装置は観察の際,空間分解能が犠牲になるケースがありました。また,大きな装置が多く,設置場所が限定されてしまうという課題もありました。「どこでも,誰でも簡単に高精細なデータを取得できる」を実現した『SAI-1000』が,次世代の創薬研究を強力にサポートします。

製品紹介ページへ

Top of This Page