マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 “MultiNA” を用いたインフルエンザウイルス遺伝子の検出

 マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 “MultiNA”を用いた
   インフルエンザウイルス遺伝子の検出

 インフルエンザウイルスには,A,B,Cと3つの型があり,A型に関しては H1~H16,N1~N9の亜型があります。 これら亜型の判定する場合等に,遺伝子による解析が広く用いられています。
 解析はターゲットとなる遺伝子領域をRT-PCRにより増幅し,その増幅産物の有無およびサイズを検出することで行います。
 遺伝子増幅産物の検出方法の1つにゲル電気泳動がよく用いられます。 しかしながらゲルの作成やサンプリング,写真撮影など 手作業の連続でありしかも再現性が低いため,複数のゲル写真を比較することは困難です。
 DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 “MultiNA”は,ゲルの作成が不要であり, 最大108サンプルまで自動で分析でき,また分析日の異なるデータも一度に表示できる,といった これまでのゲル電気泳動にはない特長があります。
 今回MultiNAを用いてインフルエンザウイルス遺伝子(A香港型およびAソ連型)を検出した例をご紹介いたします。

<分析方法>

【RT-PCR】

サンプル:以下の2種のインフルエンザウイルスからそれぞれ抽出したRNA
     (1) インフルエンザウイルス A/H1N1亜型 (Aソ連型:ATCC VR-546株)
     (2) インフルエンザウイルス A/H3N2亜型 (A香港型:ATCC VR-544株)
試薬  :RT-PCR キット
検出プライマ:国立感染症研究所「病原体検出マニュアル」に記載のA/H1 およびA/H3
増幅産物:H1型 729bp,H3型 1143b

【MultiNA分析】

  • DNA-2500 Kit
  • SYBR® Gold nucleic acid gel stain
  • pGEM® DNA Markers

<分析結果>

 インフルエンザウイルスA/H1N1亜型からH1領域,およびインフルエンザウイルスA/H3N2亜型からH3領域のRT-PCR増幅産物をそれぞれ検出することができました。
 DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 "MultiNA"では測定結果が電気泳動イメージやエレクトロフェログラムとして得られます。 また,増幅産物のサイズ推定値や濃度推定値は標準サンプル(ラダー)の検量線から算出され数値として表されるため,ターゲットとする増幅産物の判定が容易となります。

L :pGEM® DNA Markers
Lane 1 : Primer H1/Target H1(729bp)
Lane 2 : Primer H1 / Target NC (423bp)
Lane 3 : Primer H3/Target H3(1143bp)
Lane 4 : Primer H3 / Target NC
※NC ( Negative Control )

Top of This Page