in vivo 光イメージング装置Clairvivo OPT plusのご紹介

in vivo光イメージング装置Clairvivo OPT plusのご紹介

in vivo光イメージング装置Clairvivo OPT plusは、蛍光ラベル化されたプローブを生体内のターゲット分子や細胞・臓器に集積させ、生体物質の発現、細胞・臓器の機能、プローブの動態を体外から空間的・時間的にモニタリングができます。特に、近赤外領域(700~900nm)の光を使った観察は生体透過性が高い上、生体試料自らが生ずる自家蛍光が少ないことから、皮下組織だけでなく深部組織の観察も可能にしています。また、光を用いた測定は簡便なためスループットが高く、多色蛍光剤を用いれば多種類のターゲット分子や細胞を同時観察することができます。この技術により、候補化合物の体内動態や治療効果などを生きたままで観察できるため医薬品開発に有用なツールとなります。

島津製作所は、マウスなどの実験用小動物を対象に深部観察、多方向観察が可能なin vivo光イメージング装置Clairvivo OPT plus(クレビボオプト プラス)を提供し、創薬研究など次世代医療に向けた取り組みを支援します。

Clairvivo OPT plus(クレビボ オプト プラス)の特長
生体試料を背中側からだけでなく、腹側や横からも同時に観察できます。
一回の測定でマウスなどの生体試料を様々な方向から観察し、生体内部からの微弱蛍光を確実に捉えます。多方向観察は、多面ミラー方式の採用により、短時間同時測定を実現しています。
高輝度の励起光源を使用し、短時間測定が可能です。
励起光源には、半導体レーザ(LD)や発光ダイオード(LED)を採用して、試料に対して多方向から照射しています。従来のハロゲンランプと光学バンドパスフィルタの組み合わせによる励起に比べ、高輝度の励起光照射が可能な上、蛍光画像に励起光成分が混入して発生するバックグランドを抑えた観察ができます。また、凹凸のある生体試料に対して照射影の少ない励起が可能です。
長時間露光による微弱光観察も行えます。
高い検出効率を有するCCDカメラを採用しました。また、CCD素子を -70℃ に冷却することで、数分オーダの長時間積算観察も可能にしています。

注意事項:
本システムを用いて取得されるアプリケーションには、その観察方法により第三者特許権のライセンス許諾が必要な場合があります。 
(本システムのご導入により、これらライセンスが許諾されるものではありません。)
対象とされるアプリケーションに於けるライセンス許諾の必要性に関しては、専門家又は特許権等保有者に相談されることをお勧めいたします。

clairvivo OPT plus

光イメージング装置Clairvivo OPT plus

Clairvivo OPT plusは、小動物の体内に蓄積された蛍光ラベル化プローブを非侵襲に計測することを目的として開発された小動物用光イメージング装置です。
癌研究、脳機能解析などの基礎研究や薬物動態、薬効などの評価を行う創薬研究の分野で威力を発揮します。

Top of This Page