光脳機能イメージングによる脳機能計測

光脳機能イメージングによる脳機能計測

光脳機能イメージング装置(fNIRS*)は、生体に安全な近赤外光を用いて、脳表面における酸素化/脱酸素化ヘモグロビン(Hb)濃度の変動を捉えることができます。
脳機能イメージングは、被験者に対する拘束性が少ない、可動性である、特別な設備を必要としない、などの理由により、脳活動(脳の賦活状態や賦活化部位)の非侵襲イメージングとして、脳機能研究分野で急速に応用拡大しています。
* fNIRS : functional Near-Infrared Spectroscopy

LABNIRS

光脳機能イメージング装置LABNIRS

・安全な近赤外光を使用しています。
・低拘束性です。
日常生活に近い環境下で、特定タスクに対する被験者の脳の賦活化を計測することができます。
・自在調整曲面ホルダ(FLASH*)が使用できます。
子供から大人まで様々な曲率の頭部へのフィッティングが可能です。
・豊富なオプションが用意されています。
脳波との同時計測、MRIによる3次元画像との重ね合わせ、リアルタイムデータ転送機能、統計ソフトウェアなど、豊富な オプションを取り揃え、最先端の脳機能研究を支援します。

* FLASH : Flexible Adjustable Surface Holder

Top of This Page