細胞製造/非侵襲評価

再生医療の普及,細胞製造の産業化を実現するためには,品質の安定化や大量製造法の確立,製造の低コスト化が求められています。
これまで,細胞の特性を評価する方法として,遺伝子発現解析や蛍光染色などの手法が確立されてきました。一方,これらの手法は細胞に対して侵襲的であるため,培養終了後の評価として適用されます。このため,培養中の細胞の状態を非侵襲的に評価する手法が求められていました。
そこで島津製作所では,「測る技術:LC-MSによる培養液の多成分一斉分析」と「観る技術:IHMによる培養プレートの全面高速スキャン」で非侵襲評価にソリューションを提供します。

 

  • 培養中の記録を簡単に残したい
  • 出荷する細胞に異常がないか非侵襲的に評価したい
  • 培養上清から細胞の状態を知りたい
  • 培養中に目的の成分が変動しているか確認したい

培養の工程管理をサポート

細胞培養解析装置
CultureScanner™ CS-1


培養容器の全面観察,細胞の経時的変化の確認,
膨大な撮影データの迅速な確認が可能

培地上清成分の非侵襲評価

細胞培地分析プラットフォーム
C2MAP™システム


培地上清分析の前処理から測定までを自動化し,
培地成分と分泌代謝物を非侵襲的に測定

各装置に関するお問い合わせはこちら 
 お問い合わせ内容欄に以下をご記入ください。
 ・機種名
 ・ご希望の内容例
 (見積り,カタログ,詳細説明,デモ希望)

CultureScanner,C2MAPは,株式会社島津製作所の商標です。

本文書に記載されている会社名,製品名,サービスマークおよびロゴは,各社の商標および登録商標です。
なお,本文中では「TM」,「®」を明記していない場合があります。
本製品は,医薬品医療機器法に基づく医療機器として承認・認証等を受けておりません。
治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。

Top of This Page