お茶の残留農薬分析

お茶の残留農薬分析

 “お茶”というと皆さんはどんな飲み物を想像されるでしょうか?日本人にとってはお茶といえば緑茶が一番に連想されるかもしれません。国や地域によっては紅茶やコーヒーが連想されるでしょう。
皆さんが楽しまれる、どんなお茶も茶葉を洗ってから入れる方はいないと思います。ですから、お茶に農薬などのような有害物質が付着していたら?と不安になる方は多いです。
日本で栽培されている緑茶は、農家の方々の努力により非常に高品質です。
ですが害虫や病気に弱いため、茶葉を守るためには必要最低限の農薬散布は仕方が無いことであり、細心の注意の元で農薬が散布されています。

お茶中の残留農薬の分析法について アプリケーションノートNo.2 『緑茶に残留している農薬の分析』でご紹介しています。


お茶試料にカフェインが多く残留していると,注入口やカラムが汚染され,保持時間が変動するなどピーク検出にも影響を与えますが,適切な前処理により再現性よく分析できます。

Top of This Page