残留溶剤分析におけるMethod開発の効率化/GC

医薬品中不純物,残留溶剤分析におけるMethod開発の効率化/GC

分離検討の時間を大幅に短縮!

医薬品に残留する不純物や有機溶剤は様々で,分析法の最適化検討は重要な項目です。様々な液相のカラムで分析条件検討を行なう必要があり,カラム交換や安定待ちなど,煩雑で時間のかかる作業が伴います。

島津のMethod最適化システム(トリプルキャピラリカラムGC)は,1回の試料注入で3種カラムの分離情報を同時に得ることができるので,分析時間が大幅に短縮され,異なる液相のカラムによる分離検討を効率的に行うことができます。また,カラム交換の手間やカラム交換後の装置安定化時間は大幅に削減でき,作業の効率化が図れます。

有機溶媒12成分の3種カラムの同時分析例

有機溶媒12成分を, Method最適化システム(トリプルキャピラリカラムGC)を用いて,液相の異なる3本のカラム(Rtx-624 , Rtx-WAX , Rtx-1)で同時分析しました。

あるキャピラリカラムでは分離不十分な成分が,他のカラムでは分離できることがわかります。
このように,3種カラムの分離結果が同時に得られることより,効率的に対象成分に応じた最適なカラムを選択することができます。

Method最適化システム(トリプルキャピラリカラムGC)

1回の試料注入で3種のカラムの分離情報を同時に得ることができます。分析時間を大幅に短縮でき,異なる液相のカラムによる分離検討を効率的に行うことができます。また,カラム交換の手間やカラム交換後の装置安定化にかかる時間も大幅に削減でき,作業の効率化が図れます。

詳細をみる

Top of This Page